1. ご案内
エアコン移設工事
エアコン移設工事が7,900円(税込8,690円)~ 真空引き込み!一年保障付き!全国エリア対応!
土日祝も工事可能、追加料金なしで受付

無料のご相談・お見積りは
↓こちらから↓

メールフォームで問い合わせる 電話番号は0120-80-4006
エアコン移設工事が7,900円(税込8,690円)~ その他引越し関連工事も絶賛受付中 工事実績27年以上 累計実績140万件 安心の1年保証 エリア全国対応
土日祝も工事可能、追加料金なしで受付

フォームでのお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ内容:

※は必須項目です

取り外し

中古取り付け

新品取り付け

当店で新品エアコンをご購入を検討の方


その他の工事:


第一希望日程:

第二希望日程:

エアコン購入/種類

当店で新品エアコンをご購入を検討の方

※在庫がない場合がございます。

お名前

Email

電話番号

ご住所1

引越しなどで住所が二か所ある場合
  • ご住所2

  • サイトを知ったきっかけ

  • エレホームを選んでいただいた理由

お得な情報

No Yes

キャンペーンなどのお得な情報を受け取る(不要な方はチェックを「No」にしてください。)

メールでお問い合わせお見積りはこちらか
フリーダイヤルお問合せはこちらまで

引越しに伴うエアコン移設

引越しや脱着に伴うエアコン取り付け

  • 引っ越しをするのでエアコンの
    取り付けと取り外しをして欲しい!
  • 別の部屋へエアコンを移動させたい!
  • 室外機や室内機を移動させたい!
  • リフォーム・改修工事のために
    エアコンを取り外し、
    後日取り付けもして欲しい!
  • 今使っているエアコンを
    手持ちの別のエアコンに取り替えたい!
主な依頼先の費用相場
引越センター 15,400~22,000円(税込)
街の電気屋さん 16,500円(税込)~
専門業者 11,000~16,500円(税込)
当店特別価格
7,900円(税抜)~

(税込 8,690円~)

エアコンの引越しについて詳しく見る

基本工事料金に含まれる作業内容

詳細な条件等

追加料金について

上記の料金以外に、取り外しと取り付けそれぞれの現場条件やエアコンの状況により、追加料金が発生する場合があります。
また、追加料金は見積もり段階で判明するものと、実際の工事現場で確認しなければ分からないものもあります。
※一部主要なものを紹介します。

追加工事項目 料金相場(税別) 発生するケース
配管パイプ交換 3,850~4,950円/1mあたり 劣化や長さ不足
室外化粧カバー 8,800円~ 外観と耐久度UP
室内化粧カバー 要見積もり 外観UP
コンセント交換 2,200~3,300円 コンセント形状違い
電圧切り替え 3,300円 100Vと200Vの違い
専用回路増設 13,200円~ 専用コンセントが無い
木造穴あけ 0~3,300円 エアコン用穴が無い
軽量鉄骨穴あけ 5,500円~ エアコン用穴が無い
特殊設置(取外) 3,300~5,500円 室外機が天吊/屋根置き/壁掛け
特殊設置(取付) 5,500~7,700円 室外機が天吊/屋根置き/壁掛け
特殊設置(取付+金具) 13,200~19,800円 室外機が天吊/屋根置き/壁掛け/2段置き

エアコン移設工事の相場の詳細

引越しを行う際に盲点となりがちなエアコン工事、そんな引越し時のエアコンの移設はどんなところが請け負ってくれるか紹介します。

引越しセンターのオプションサービス
費用相場 15,400~22,000円(税込)
対応エリア 全国
中規模以上の引越センターさんであれば、ピアノ輸送やペット輸送と同じように、
エアコンの移設工事もほとんど承ります。
メリットとしては、引越しの荷物搬出・搬入に合わせてエアコン工事をしてくれること。
もうひとつは窓口が1つなので、何かトラブルが起きたときは話しやすいことです。
見積もりに関しては引越しの見積もりと同時に取ることがほとんどです。
専門の電気工事会社
費用相場 8,800~16,500円(税込)
対応エリア 全国
エアコンや洗濯機、アンテナなどの家電製品の取り付け、取り外し工事を専門とする会社のことです。
全国範囲で工事ネットワークを持つところもあれば、ローカルエリアを得意とする業者さんも居ます。
エンドユーザーとの間に引越センターなどを挟まないため、料金が全体的に安くなります。
また、専門的な相談が直にできるのもメリットの1つです。
見積もりはホームページからの申し込みや電話受付が主流です。
地元の電気屋さん
費用相場 16,500円~(税込)
対応エリア 地域限定
引越し元で近くの電気屋さんを探すか、タウンページ見て電話してエアコンの取り外しをまず依頼します。
あるいは知り合いの紹介で事足りる場合もあります。
また、引越しをしたあとも同じような方法で地元の電気屋さんに取り付けを依頼します。
見積もりは直接問い合わせることになります。
ご自分で工事をする
費用相場 ???円~(税別)
DIYや日曜大工の経験がある方はネットの情報や動画を参考にすれば、
取り外しや取り付けの作業ができることもあります。
ただし色んな工具を用意する必要があるのと、作業自体もリスクがあることは事前に理解しておきましょう。
DIYでエアコン移設の記事を見る

引越しのエアコン移設の関連記事

無料のご相談・お見積りは
↓こちらから↓

メールフォームで問い合わせる 電話番号は0120-80-4006

引越しのエアコン移設の工事内容

施工内容のご説明

エアコン移設画像1引越しに伴うエアコンの移設や、同じ建物内・お家の部屋間でのエアコンの移動、室内機・室外機だけの脱着工事など、様々な場面での利用はありますが、基本的な工事内容はほとんど決まっています。

移設工事に含まれる内容
  • エアコン取り外し一式
  • エアコン取り付け一式
含まれない内容(オプション)
  • エアコンの運搬

作業の流れと作業時間

エアコン移設
(標準工事)
エアコン取り外し一式
(所要時間:30分~1時間)
  • ・ポンプダウン作業
  • ・配管パイプ類の取り外し
  • ・室内機の取り外し
  • ・室外機の取り外し
  • ・パテ埋めによる配管穴の処理
エアコンの移動
※別途になります
取り外したエアコン(室内機、室外機、配線類)を お客様もしくは引越し業者さんにて、 引越先の取り付け予定位置まで運んでいただきます。 ※別途費用での運搬作業も行っております。
エアコン取り付け一式
(所要時間:1.5~2時間)
  • ・室内機の設置
  • ・配管類の取り付け
  • ・室外機の設置
  • ・真空引き
  • ・取付完了後の試運転

標準工事について

エアコンの室内機と室外機を同一階に設置し、配管を通す穴や専用のコンセントがあり、室外機を地面またはベランダに直に置く状態の工事となります。 配管・ドレンホース・電線などは、化粧テープでの巻き上げが基本となります。
※ご地域、エアコンの容量・設置状況によっては別途料金や追加工事が発生する可能性があります。例:配管が劣化して使えない場合は別途ご料金がかかってまいります。追加料金が発生する場合は、その作業を行う前に説明致します。

エアコン取り付け工事
エアコン取り外し工事

依頼する前にこれだけは確認して!

エアコン移設で電圧切り替えやコンセント交換が必要なケース

引越しに伴ったエアコンの移設で注意して見なければならない点の一つが 専用コンセントの電圧とコンセントの形状です。
コンセントの形状と電圧は対になっているのでコンセントを見てもらえば そこの電圧を知ることができます。
また、ここでいうコンセントとは天井付近にある専用のコンセントとなるので、引越しなどで エアコンを移設される際は必ず確認してください。
天井付近にコンセントが無い場合はエアコン専用の回路を増設する必要があります。※ 専用回路増設については10mまでの料金で、ブレーカーに空きがある等の条件が有ります。

コンセントの形状一覧

取り付け先でエアコンの配管穴が空いているかどうか

エアコンの穴 基本的にエアコンの室内機の設置位置の近くに配管用の貫通穴が準備されています。専用コンセントとセットであることが多いですので、内覧するなどの際に確認しておきましょう。
もし穴が無ければ開ける必要があります。ご新築の木造一戸建ての場合はエアコン業者でも開けられますが、マンションなどの場合は壁の材質がコンクリートですので、建物の管理組合に申請する必要があります。
また、賃貸物件の場合もオーナーや管理会社に許可を取る必要もあります。エアコンの穴開けるときに注意事項について

室外機を置く場所の有無や標準設置かどうか

室外機置き場所 室内機から壁一枚挟んで裏側に室外機を置けるスペースがあるかどうかで、最終的な工事料金と施工の難易度が大きく変わります。
「標準工事」で配管の長さ(距離)を4mまでと設定するのはその為です。
マンションであれば部屋裏側のベランダや玄関に、一戸建てであれば1階の地面置きや2階のベランダに室外機を設置できるかを確認します。
室外機が天吊/屋根置き/壁掛け/2段置きになる場合は、追加工事・料金が発生します。同じようにエアコンを取り外す際にも、室外機が標準設置以外の場合は追加工事は発生します。エアコン室外機の設置場所に関して詳しく

エアコンの輸送方法

エアコン運搬 引越しのオプションでエアコンを一緒に頼む場合は、引越しセンターさんが他の荷物と合わせて外したエアコンも運んでくれます。そうでない場合はご自身で手配しなければなりません。
近くの場合は自家用車で運ぶことになります。遠方の場合は運送会社を使うか、もしくはオプション工事でエアコン業者に依頼するかになります。
特にエアコンの室外機は重く(20KG~50KG)、成人の方2名で運んだほうが無難です。エアコンの梱包・保管・運搬方法に関してはこちら

手持ちのエアコンの容量は引越先に合うかどうか

例えば今は寝室で使用している6-8畳用のエアコンを引越先ではリビング(14畳以上)に移設しても、容量不足で冷えない上に電力の消費が激しくなります。
その為引越先に適合する容量のエアコンが無ければ、移設ではなく新規での購入も検討してもいいかもしれません。

無料のご相談・お見積りは
↓こちらから↓

メールフォームで問い合わせる 電話番号は0120-80-4006

エアコンを移設する?新設する?
の見極め方

引越しにともなってエアコンの移設が必要になったり、使っていない部屋に取り付けてあるエアコンを普段生活している部屋に移動させたい場合、今あるエアコンを移設すべきなのか買い替えたほうがよいのか、素人の方は判断しにくいと思います。

エアコンを移設する場合、買い替える場合、それぞれのメリット・デメリットをピックアップしますので、判断の参考にしてみてください。

エアコン移設のメリット

  • 新しいエアコン本体を購入する料金がかからない。
  • 使い慣れたエアコンを引越し先でも使える。

エアコン移設のデメリット

  • エアコンの状態によって追加の費用が発生することがある。
  • 製造年から10年以上経過しているエアコンは、移設の際の振動などで故障のリスクが高まる。
  • 家電量販店ではエアコンの引越し工事はしてもらえないので、自分たちで工事をして運んだり電器店などに依頼する必要がある。
  • 部屋の広さが引越し元・引越し先で異なると、エアコンの冷暖房が効きすぎたり、逆に効かなかったりする。

エアコン買い替えのメリット

  • 最新のエアコンは省エネ対応、機能も充実
  • エアコンを購入した家電量販店で取り付け工事もしてくれるので工事業者を探す手間が省ける。

エアコン買い替えのデメリット

  • エアコン本体は高額。
  • 家電量販店で新品エアコンを購入しセットで工事も依頼した場合でも取り付け先が特殊な環境だった場合、工事をしてくれないことがある。

エアコンの平均寿命

ほぼすべてのエアコンメーカーが定めているエアコン本体の寿命としては10年です。 それを超えると部品が老化・消耗してきますが、メーカーからは該当部品の供給はもうありません。 使用環境にもよりますが、耐久性から考えて機械の誤作動や場合によっては発火の恐れもあります。 そのため標準寿命は10年とされています。また、保証期間中であるかに関わらず修理に出す目安は7年程度と考えていいでしょう。

本体の情報記載場所

エアコンの移設工事で発生しやすい費用

実際取り外したり取り付けたりしないでずっとついたままのエアコンであれば、 7年以上でも10年以上でも問題なく使えても珍しくありません。 ただ、機械や部品は確実に劣化しています。そこに移設工事と運送などの負担がかかることで、 再利用できない部品やそれ以上の消耗は必ず出てきます。
その中でも、エアコンの室内機と室外機をつなぐ配管パイプが交換になりやすいです。 取り付け先との長さの違いや、配管自体の劣化や曲げ癖があるからです。 配管の交換が必要の場合は、(税込)3,850円~/m×実寸分メートル数が必要になり、 室内機のすぐ後ろに室外機を設置できる場合は大体3~4メートル使用するため、追加費用としては1万円前後です。
ほかに、新居にエアコンを持って行く際に発生することのある追加工事は:
・冷媒ガス(R410、R32)のチャージー普段エアコンの効きが衰えていると感じる
・エアコンクリーニングーエアコンの汚れ、臭いが気になる
・電圧の切替(100V、200V)、コンセント交換ー取り付け先の電源がエアコンの電圧と異なる場合

エアコンを移設する?新設する?

移設する?新品にする?

一方、移設せずに新品エアコンを購入し取り付ける場合はどうでしょう。 もちろん現地の条件を確認しない限りは結論は出ませんが、 基本的に設置工事のみで済みます。 家電量販店など「標準工事」という形で本体とセットで販売することが多いので、 価格の比較もしやすいと思います。下記を参考にしていただき、後はお財布とご相談ですね。

  • 新築やこれから長く使う場合は新設
  • 化粧カバーなどを付けて
    キレイに仕上げたい場合は新設
  • エアコンの寿命が10年に近いか
    それ以上の場合は新設
  • 今のエアコン買って間もない場合は移設
  • 取り付け先が仮住まいや
    再び引越ししそうな場合は移設

取り外し+新品取り付け工事セット取り外し+新品取り付け工事セットスマホ

引越しのエアコン移設でよく読まれる記事

引越しを機にエアコンクリーニングはいかがでしょうか

エアコンクリーニングバナーデスクトップ版エアコンクリーニングスマホ版

エアコンの移設作業の際にご一緒にエアコンの クリーニングはいかがでしょうか。エレホームではお客様よりエアコンを一時お預かりいたしまして、エアコンを分解して内部まで徹底洗浄いたします。 エアコンの風がカビ臭い、埃っぽい、ちょっと風量がおちた?など気になる方には是非お勧めです。

エアコンクリーニングの効果

エアコンは定期的にお手入れをしないと、中にホコリ花粉がたまったり、カビ雑菌が繁殖してしまいます。久しぶりにエアコンのスイッチを入れたときに、カビ臭い不快なニオイがするのは、そのためです。
しかも、そのホコリや花粉がエアコンの気流にのって部屋中に拡散し、健康にもよくありません。特に小さなお子様がいるご家庭やアレルギーをおもちの方は注意が必要です。

室内機にはフィルターが付いているので安心と思われる方もおられるでしょうが、チリやホコリを防ぐにも限界があります。フィルターは取り外せるようになっていますので、適度に水洗いすることでフィルターの目詰まりがなくなり、風量がアップ。ホコリなどの部屋内への侵入を抑えるだけではなく、結果的に電気代を抑えることにもつながります。

高機能のエアコンには、自動洗浄機能付きのものもありますが、これも完璧ではありません。機能には限界がありますので、引越しに伴ったエアコンの移設に合わせて、また季節の変わり目に、エアコンクリーニングの専門業者にしっかり洗浄してもらうことをおすすめします。

エアコンクリーニングの方法と料金相場

簡易クリーニング(壁掛けクリーニング)の場合
費用 作業時間
7,700円~11,000円程度 1~2時間程度

室内機を外すことなく壁に掛けたまま洗浄する方法です。作業時間は1~2時間程度と比較的短時間ですみます。さらに多くの業者でサービスを展開しており費用も抑えられるので、すぐキレイにしたい人にはおすすめです。 ただし、細かなパーツまでは掃除できませんので、クリーニング度合いは限定的となります。

分解クリーニングの場合
費用 作業時間
14,300円(分解洗浄作業のみ) 2~3週間程度

当社エレホームでおこなっているエアコンクリーニングは、こちらの「分解クリーニング」になります。エアコンを取り外し、室内機を持ち帰り、パーツごとに分解して洗浄する方法です。簡易クリーニングでは洗浄できない部品の裏側などもクリーニングが可能です。こちらのクリーニングは2~3週間程度、室内機をお預かりしますので、エアコンをあまり使用しない春や秋など季節の変わり目などに依頼されるのがタイミングとしておすすめです。
ただし、分解クリーニングの場合は、エアコンの取り外し工事・取り付け工事も発生しますので、洗浄費用のほか工事費用も必要です。

無料のご相談・お見積りは
↓こちらから↓

メールフォームで問い合わせる 電話番号は0120-80-4006

エアコン移設でよくある質問

移設はどんな工事?

移設とはエアコンを取り外して、別の場所に取り付ける工事のことを言います。 例えば同じ建物内での移動も、引越しに伴ったエアコンの付け替えも移設となります。他にはエアコンの室内機か室外機の位置を変えたいという場合の、脱着工事も適用できます。

長距離の移設はしてくれますか?

はい、可能です。弊社は日本全国に工事拠点を設けており、遠方への引越しに伴うエアコン移設工事は可能です。例えば、大阪でエアコンを取り外しさせていただき、引越しの荷物とともにエアコンを東京まで輸送して頂いてから、東京での取り付け日程も予め予定させていただきます。さらに、遠方地の場合でも脱着セットを適用できるので、お得です。※地域によって、料金が変わる場合があります。

取り外しと取り付けの期間が空いてしまってもいいですか?

はい、ご新築がまだ工事中やリフォームに伴う場合など、時期が空いても施工させていただいております。
ただし保存状態や期間によっては一部部材の劣化や異物の混入により別途交換が必要になる場合もございます。理想は半年以内に取り付けを終えたいといったところです。

エアコンを別の部屋に移したいのですが、可能ですか?

はい、可能です。同じ一戸建てやマンション内でエアコンの移設も可能です。 工事の内容は取り外しと取り付けになります。 それぞれの設置環境・条件によってはオプション工事が発生することもあります。 また、宅内でのエアコンの移動は基本的にお客様にお願いをしております。

予約後のキャンセルは料金かかりますか?

工事日前日までのキャンセルは料金かかりません。当日現地にご訪問してから、何も工事せずにキャンセルになる場合は2,200円(税込)を頂いております。ただし地域によっては3,300円(税込)のエリアもございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

さらに「移設」に関するQandAを見る

お客様の声

女性の画像

取付+取外セットが7,900円(税込8,690円)~と、安くてどうなの?と思いましたが、施工もスピーディにテキパキとして頂き、感激です。来られた作業の方も、礼儀正しく安心しました。 こんなに良いなら、お友達にも教えてあげよう!と思います。

東京都立川市:O様

男性の画像

引越しするのに、取外し取付けをして、出来れば汚い配管も新しい物に換えたかった のですが、配管の料金が高くてどうしようか、と悩んでました。 教えて下さったのは、配管を4m付けたパック料金があるそうで、そのプランで依頼 しました。割引きがあって助かりました。

神奈川県川崎市:F様

女性の画像

エアコンの工事をして頂くのに、休みがなく引越し当日しか日程が取れなかった。 時間指定出来ないとの事で、何か方法がないか?と思ったら、取外し・取付けは 別々の日程でも料金が同じと教えて頂き、取付けは急ぎではないので仕事の休み にゆっくりして頂く事にしました。外しだけなら引越ししながら、短時間立ち会えるので お願いしました。良く説明聞いてみないと解らないものだと思いました。

愛知県名古屋市:F様

男性の画像

実家のエアコンが古くなったので両親へプレゼントに購入しました。エアコンの手配・施工・処分すべてお任せできてすごく便利でした。両親からも喜ばれてお得な買い物ができたと思います。

福岡県福岡市:B様

女性の画像

娘が進学のため一人暮らしをするので部屋にあるエアコンを外してもらい、引越先につけてもらいました。外したエアコンは引越のトラックに載せてもらい500キロ離れた街で付けてもらいました。こんなに離れて対応できるのか不安でしたがちゃんとしてもらいました。ありがとうございます。

千葉県船橋市:U様

男性の画像

予算がないのでできるだけ安くできるところをネットで探しまわりました。こちらではエアコンを自分たちで運べば運搬料がかからないと知り張り切って運びました。どうやら室外機にエアコンのガスが入っているので横倒しにしたりしてはいけないそうです。そんな注意も教えてもらい無事に安くで移設できました。本当に助かりました。

大阪府堺市:G様

エアコン移設はエレホームへ

引越しや同じ建物内でエアコンを移動する際のエアコンの取り付け、取り外しのいわゆる脱着です。 引越しに伴った移設の場合、引越し業者さんに依頼するとエアコン移設(取り外し・取り付け)料金は 意外に割高です。 また、同じ建物内の部屋間移設の場合、軽い気持ちで自分でやろうとして結局ガスが抜けたり、 うまく設置できなかったりと結局余計な出費を出すことにもつながります。 エレホームならな専門の知識を持った作業員が確かな技術でお客様のエアコンの移設をさせていただきます。 また料金に関しましても業界内トップクラスの価格にてご提供させていただいております。 あまりに安いと不安になられるお客様もいらっしゃいますが、エレホームのエアコン施工を行うスタッフは、 エアコンだけではなく、建物の構造・強度などにも熟知した専門のスタッフが伺いますので、 安心してエアコン移設をお任せいただけます。

全国対応の強み

東京・神奈川・横浜・千葉・大阪をはじめ、全国展開しておりますので他府県への引越しでも お任せください!大阪から名古屋へ、また横浜から東京へなどの他府県への引越しでも承っておりますので、 引越しの際でも「エアコン工事」だけは、エレホームにご連絡を!

キャンペーン価格について

引越しに伴うエアコン移設の各キャンペーンについては、 各地域ページ内の表示のある地域のみ適用となります。 取り外し・取り付けの地域が違う場合はどちらも表示のある地域のみに限ります。 取り付け・取り外しどちらも必要なお客様のみのキャンペーン適用となります。 ※左記以外の地域につきましても対応可能(出張料がかかる場合がございます) その他ご不明な点がございましたらお気軽にお電話下さい。 0120-80-4006(年末・年始を除く)までお願いします

お問い合わせフォームバナー
電話バナー