エアコンの取り付け方法、DIYでの失敗談について

  1. エアコン取り付け方法

エアコン取り付け方法について

エアコン取り付け工事が6400円から その他引越し関連工事も絶賛受付中 工事実績27年以上 累計実績130万件 安心の1年保証 エアコン取り付け工事が6400円から その他引越し関連工事も絶賛受付中 工事実績27年以上 累計実績130万件 安心の1年保証

電話案内バナースマホ

フォームバナー

お問い合わせ内容:

取り外し

中古取り付け

新品取り付け


その他の工事:


希望期間:

※は必須項目です

お名前

Email

電話番号

ご住所1

引越しなどで住所が二か所ある場合
  • ご住所2

お得な情報

No Yes

キャンペーンなどのお得な情報を受け取る(不要な方はチェックを「No」にしてください。)

 

エアコンを取り付ける前に知っておくこと

 エアコンの取り付けかたはインターネット等でお客様自身で調べることは簡単に出来ますが、 当然リスクが発生します。例えば、フレア加工等はエアコンの本体とパイプを繋ぐ際の大切な接続部分の加工で、知識や経験の浅い方が 施工すると、ガス漏れのリスクが伴います。他にも、ドレンホース(水を流すホース)の勾配が取れていないと、 室内機からの水漏れの原因となるなど様々な問題が出てきます。

DIYで取り付けるときにかかるコストや時間

DIY 専門業者
作業時間 経験によるが、3-5時間 1.5-2時間<詳しくは>
必要人数 2人での作業がおすすめ(特に配管穴が左側の場合や、室外機が特殊設置の場合) 1人(高所作業やダイキンうるさらの室外機を特殊設置する場合は2人必要)
必要道具 脚立、パイプカッター、電動ドライバー、モンキーレンチ、六角レンチ、フレアツール、水平器、マニホールド、真空ポンプなどを購入かレンタル 業者用意
かかるコスト 15000円-20000円 14000円前後が相場
工事保証 なし 1年間

 一般的なエアコン取り付け工事の流れを紹介していきます。 なお、エアコンの取り付け方法は環境によって大きく違ってきます。 ここで紹介する取り付け方法はあくまでも、ほんの一例としてお考えください。 また、エアコン取り付けには専門の道具や知識、建物に関する知識や経験等が必要となってきますので、 我々のような専門業者での取り付け工事をお勧めいたします。

エアコンの取り付け方

必要な道具

 取り付ける上でエアコンが有ればOKと言うわけではありません。 取り付けには必ず必要な道具があります。

取り付ける上で最低限必要な道具

・レンチ×2・フレアツール・電動ドライバ・ドライバー・カッター・パイプカッター・六角レンチ・ニッパ・真空ポンプ・水準器・脚立 工具一覧(・真空ポンプ・ドライバー・ニッパ・レンチ×2・六角レンチ・脚立・電動ドライバ・カッター・パイプカッター・フレアツール)

最低限必要な材料

・パテ・配管※1・ビニールテープ・電線

穴が無い場合

・電動ドリル・コアドリル※2

材料・工具一覧(パテ・配管・テープ・コアドリル・電動ドリル)

※1:エアコンによっては配管の太さが「2分3分」「2分4分」とあるので説明書やメーカーページなどで確認が必要です。

※2:壁の材質によっては特殊なドリルでないと穴あけできないので工務店等に相談してください。

今すぐ料金と日程ご案内タッチでつながるフリーダイヤル

メール問い合わせ

料金と工事日を分りやすくご案内

1、付け位置の確認

実際に取り付ける場所の現状を確認します。 この時点で問題が無ければ工事を開始します。 また、何か問題があったとしてもお客様との相談の上施工工事を行います。

基本的な確認内容

  • エアコン専用の穴(配管等を通す穴)の有無
  • 専用のコンセントが付いているか。
  • コンセントの位置
  • 電圧は適正か。
  • 室外機の設置場所

室外機の設置状況と料金の詳細はこちらから

取り付け状況一例

ケース1:配管穴が無い場合。(コンセント有・配管穴なし)

2、背板の取り付け、配管穴を空ける。

背板の取り付け

室内機本体を取り付けるために 背板と呼ばれる部材を取り付けます。 背板を壁に固定しそれに本体を取り付けることで振動や落下を防止します。 壁の素材によっては取り付け方が変わってくるの事があります。

自分で取り付けする場合はこの作業をいい加減にすると排水がうまくいかなかったり不具合が発生すする可能性があるので、 水準器を使用して平行になるようにきっちり計測してから取り付けてください。

背板

壁に配管用の穴あけについて

穴の位置について

この際に配管穴が無ければ穴あけも行います。特に何か理由がない限り穴は背板の 右側下部の「へこみ」付近に空けます。理由としては配管をつなぐ作業が右側の方が 楽になるからです。配管と本体を繋ぐ補助配管と呼ばれる部分がほとんどの場合右側に ついており、穴から直接配管を外に出して繋ぐ事で、作業が楽になります。

背板
穴を空けるには

穴を空けるには電動ドリルとコアドリルが必要です。 梁や電線などを避けて内壁から外壁に向けて貫通させる必要があります。
ただし、壁の材質が鉄筋コンクリートの場合や外壁に特殊な素材の場合は もっと強力なドリルが必要となるのでDIYなど自分で工事をしたくても 正直出来ない工事となりますので素直に専門業者に任せてください。
また、同じ理由で業者でも手におえない、耐震強度などの問題で、 専門業者でも穴あけが難しいケースもありますので、集合住宅の場合は オーナーや管理組合に相談してください。


3、室内機取り付け

背板と本体の取り付け

本体の取り付け作業にを行う際、電源も本体に接続します。 電線を剥く際にカッターやニッパーなどを使用してください。
また、ドレンの位置を変える必要があるときは同時に行ってください。
壁への設置ですが先に設置しておいた背板に室内機を取り付けます。 取り付け方法は、背板にある「ツメ」を本体側にある「ウケ」に引っかけます。
この時、背板との引っかけが不十分だと エアコンが落下する危険性があるため注意が必要となります。
殆んどの場合、脚立を使用しての作業となります。部屋の中で脚立を使用するので 脚立の足に何か布をはかせるか、下に何か敷くことで床を傷つけずに済むのでおすすめです。

配管接続方法と配管穴の位置

接続方法

補助配管と呼ばれる本懐側から出ている管とエアコン用の配管を接続します。 その際はホームセンターなどで購入できる予めフレア加工されている配管を使用する場合は そのまま接続します。そうでなければ配管にナットを通してフレア加工を施します。
その後、レンチなどを2本使用して補助配管側、配管側のナットを締めれば冷媒間の接続は完了します。
接続方法は以上ですが配管穴の位置によって補助配管の曲げ方など、多少手順が異なるので個々に説明します。

穴が理想位置にある場合

理想的な配管穴の位置

この場合は補助配管を直角に曲げて配管穴から出して外で配管を接続します。
室外機を浮かせたりせずに接続可能なので楽な体制で取り付けられます。 また、室内から見た場合一切配管が見えない状態になるので見た目的にもすっきり仕上がります。

取り付け位置右側真裏以外に有る場合

右側真裏以外に穴が有る場合

配管穴が右側にあるが、真裏にない場合はその方向に補助配管を折り曲げ本体の側面もしくは下部にある 補助配管を出すための穴が有り通常はカバーが有るのでそれを切り離してそこから補助配管を取り出し配管と接続します。

取り付け位置左側にある場合

左側に穴が有る場合

配管が左側にある場合は本体の裏側で配管を接続する必要があります。 室内の化粧カバーが必要な場合は予め配管を曲げて癖付けをして壁に取り付ける前に 配管を補助配管と接続します。そのあとで配管を穴から出しつつ本体を背板に取り付けます
また、接続したまま配管を出せない状況の場合は室内機を背板に取り付けて下部に何か(例えば梱包用の発泡スチロール等)を かませて下から手を入れて接続する方法もあります。
どちらにせよ自分で工事したい人には難易度が上がる工事となります。


今すぐ料金と日程ご案内タッチでつながるフリーダイヤル

メール問い合わせ

料金と工事日を分りやすくご案内

5、室外機の設置場所

理想は配管穴の真下に設置する方法がシンプルですが、 ベランダが狭い、そもそもベランダが無い、管理組合の規定で出来ない等、 一筋縄にはいかないこともあります。 詳しくはエアコンの取り付け場所・位置の詳細と料金についてをご覧ください。

設置状況一覧

設置状況説明画像

呼称 内容 特殊料金:参考価格
①標準 一番一般的な設置状況同じフロアの真裏の足元に置くタイプです。 特になし
②立ち下し・立ち上げ 室内機と室外機が違うフロアに設置するタイプ。 配管延長料金:3500円×必要メートル
③屋根置き 屋根に特殊な金具を取り付けてその上に設置するタイプ。 特殊料金:7,000円・・金具が必要な場合:15,000円
④天井吊り下げ ベランダの天井から金具を使用してぶら下げるタイプ。 特殊料金:7,000円・・金具が必要な場合:15,000円
⑤壁付け(壁面) 建物の壁にL字の金具を取り付けてその上に設置するタイプ。 階数によっては梯子が届かないので命綱が必要で合ったり、高所作業車の 用意が必要だったりと、DIYの領域を超える場合が多く、業者でも不可の場合が 有ります。 特殊料金:7,000円・・金具が必要な場合:15,000円
⑥2段置き ベランダにスペース化が無いが室外機は二台置きたいケースによく見られる設置方法 特殊料金:6,000円・・金具が必要な場合:18,000円

6、室外機と配管の接続と真空引き

室外機と配管や電線の接続

配管の接続
保護カバーを外す

室外機の正面から見て右側にある、電源や配管を保護するカバーを外します。
数本のビスで止められておりスライドさせることで簡単に外れます。


配管を接続する

下側にバルブが有るのですがそこに配管を接続します。

  • 2分用・3分用のトルクレンチとモンキースパナを準備する。
  • フレア加工を施した配管を当てナットを仮締めする。順番は2分(細い方)・3分(太い方)どちらで問題はない。
  • トルクレンチを使用してナットを締める。
    ※1-1:ナットを締める際に、トルクレンチだけで締めようとすると、 バルブ全体が「たわんで」しまうため、モンキースパナでバルブのキャップ部分 を抑え2つのレンチで挟み込むイメージで締める。
    ※1-2:トルクレンチは締める方向が決まっているので、よく確認してから締めてください。※1-2
  • トルクが掛かるまで締めれば接続は完了です。
バルブのキャップ。レンチの方向

電源コネクター
電線を接続する

バルブの上部に図のような電源接続部分が有るので対応している電線(黒・白・赤)を差し込み固定用の ネジを締めれば完了です。
この作業のタイミングは、保護カバーが外れている間ならいつでも可能ですが、 次で紹介する真空引きの待ち時間で行う方が時間の節約にもなりお勧めです。


真空引き

真空引きは、冷媒の能力を保つために配管内の空気や水分を追い出し、それらが冷媒ガスと混ざらないように する作業です。エアコンの故障や冷暖房能力の低下を防ぐ働きがあります。

真空引きの手順
真空ポンプ

・バルブを保護しているナットキャップを外す。

・真空ポンプ、真空ゲージ・ホース・コントロールバレルの順で接続されているか確認する。

・コントロールバレルを接続する。その時バレルが全閉になっているかを確認


ゲージ0

・真空ゲージの針が0になっているか確認し、そうでなければ0に合わせる


ゲージ-0.1

・ コントロールバレルを全開にして、ポンプを動かす。(時間は10~15分程度)
※真空ゲージが-0.1になるまでが目安、0.01~0.03ぐらいの誤差は気にしなくても問題ありません。

・ 気密試験:ポンプとメーターの間の栓を閉じ、ポンプの電源を落として5~10分待ち、 ゲージに急激な変化がなければ問題ありません。
※その日の気温などの影響で0.01~0.03程度ゲージが動く可能性はあります。


・ガスのバルブを全開(六角レンチにて反時計回り)にします。2分・3分どちらからでも問題は有りません。 ※この時に炭酸飲料を空けたとき程度の「プシュ」という音が出ますが問題ありません。ただ、その音が 数秒たっても鳴り止まない時はガスが漏れている可能性があるので急いでバルブを締めて、手順を遡って やり直してください。

・各キャップナットを付け真空引き作業は終了です。



7、試運転・工事完了

試運転

作業が終了し、電源などの配線も終わったら試運転を開始します。 冷房の一番低い温度に設定して数分間稼働させます。 この時、冷え方に問題がないかガス漏れ、水漏れがないかを最終チェックを行います。


今すぐ料金と日程ご案内タッチでつながるフリーダイヤル

メール問い合わせ

料金と工事日を分りやすくご案内

※ご自分で取り付けされるリスク

ご自分でお取り付けをお考えのお客様へ、たしかに道具と知識さえそろえば取り付け作業は可能かもしれません。 ただ、もし取り付けに失敗した場合保証は受けられませんし、 ガスが抜けてしまったとしたら、ガスの補充も行わないといけませんし、 故障の場合も自己責任となってしまいます。また、付けてすぐはエアコンが使えたとしても、 不具合が発生しエアコンが効かなくなったとしても、保障もありません。
その具体的な例をご紹介します。

自分でDIYしたときの失敗例

真空引きがうまくできない!

 真空引きとは、配管内の空気を抜き、真空状態にすることです。 何故真空にする必要があるのかというと、真空でないとエアコンがうまく動かないということと、故障の原因にもなるからです。
 真空にすることで冷媒ガスがうまく循環できるようになります。 真空引きをするには真空ポンプが必要になります。 冷媒専用の道具が必要なことに加え、ここの工程で冷媒のガスが抜けてしまうミスが起こる可能性があります。

 ガスが抜けると、冷房が効きにくくなり、最悪の場合業者を呼んでガスを充填しなくてはいけません。 冷媒ガスの充填費用はガスの種類にもよるが、大体2万円以上はかかります。 費用が多くかかってしまうのであれば、エアコン取り付けを業者に依頼したほうがお得です。
 ちなみに冷媒ガスの充填も自分でできる!と動画でやり方が紹介されていますが、専用の機材を揃える必要もありますし、冷媒ガスも買わないといけません。 さらに不備を起こす可能性を考えると、初めからエアコン業者に依頼する方が賢明でしょう。

冷媒配管を途中で折ってしまった

自分でエアコン取付けの失敗例イメージ

 エアコン取り付けの冷媒配管の取り付けをする際、通常の手順は冷媒配管を室内に引き、取り付けた据付板にエアコン本体を仮付けしておいて、冷媒配管とエアコン本体からでている冷媒配管を繋ぎます。 その後、冷媒配管をテープで巻き、エアコンの裏側にまとめます。それに這わせるようにして、室外機用のコードも外に出すようにします。

 この間に冷媒配管を折ってしまうことがあります。 折れてしまうと新しい冷媒配管の購入が必要になります。必要な冷媒配管の長さや種類により価格は異なりますが、出費がかさむことに違いはありません。

 それに、冷媒配管がすぐに手に入らないことも考えられます。こうなるとエアコンの取り付けが終わるのが翌日以降になってしまう可能性もあります。 また、どこまで行っているかでも変わりますが、折れたことで冷媒ガスが漏れてしまうこともあるようです。 冷媒ガスは先ほどご紹介の通り、業者に依頼しても、自身で何とかしようとしても手間とお金がさらにかかってしまいます。

冷媒ガスが漏れてしまった

 冷媒ガスはエアコンが効率的に部屋を冷やすのにかなり重要な役割があります。 これがないと電源を入れてもなかなか冷えません。 エアコン取り付けを自分で行って、もっとも多い失敗談が冷媒ガスの漏れです。 冷媒ガスがもれる箇所として、フレア接続部があります。
 ここのバルブの締めが緩くても、逆にきつすぎてもガス漏れが起きてしまいます。 きつく締めておけば問題ないであろうと思ってできるだけきつく締めようとして失敗することがあるようです。 また、締める際に異物が挟まって、きちんと締められていなかったということもあるようです。

 後者は気をつければ防げるミスかもしれませんが、適切な締め具合というのは専門家でないとわかりにくい部分です。 逆にバルブをきつく締めて、フレア接続部が破損してしまうとその部分の部品代がかかるだけでなく、冷媒ガスの充てん費用も必要になります。
 冷媒ガス漏れの対処方法もネット上に動画で紹介されていますが、すぐにエアコン業者に説明し、修理してもらう方が無難といえるでしょう。


自分でエアコンを取り付けるリスクと注意点

 節約志向が強い人が増えているせいか、エアコンの取り付けを自分で行った方が安い!と考える人も多くなりました。 取り外すだけであれば、ある程度の専門知識や道具があれば可能かもしれません。
 しかし、自分でエアコン取り付けをするといくつかのリスクが発生してしまいます。 どのようなリスクや注意点があるのかみていきます。

素人では危険を伴うエアコン取付け

 本来エアコン取り付けには専門的な知識が必要で、手順や注意点があります。 ですので、素人がエアコン取り付けを行うと様々な危険が伴います。
 考えるリスクの1つ目は配管パイプです。 室外機と室内機を配管パイプで接続する際、締め方を緩くすると、空調機の冷媒ガスが漏れやすくなります。 しかも冷媒配管の施工を誤ってすると、ガス漏れの原因になり、エアコンの効きが悪くなってしまいます。

 2つ目のリスクはエアコンの排水を通すためのドレンホース部分です。 このドレンホースは、材質によって使用できる接着が異なり、対応していない接着剤を使用すると後々トラブルが起きやすいので注意が必要です。 ドレンホースが原因するトラブルは、例えば管がつまって室内機から水がポタポタと垂れたり、虫が侵入したり、異音がすることもあります。

 3つ目のリスクは真空引きの工程です。 ここの工程を誤ると、エアコンの電力効率低下で室内機から冷たい風を送れなくなるのと、最悪の場合故障を引き起こす可能性もあります。

配管を取付ける際に考えられるリスク

配管のイメージ

 エアコンの取り付けは室外機とエアコンを配管で繋ぐ事が不可欠です。 この配管の取り付けはエアコンが正常に作動する上で非常に大切な工程となります。 この配管を取り付ける際に考えられるリスクにはどういったことがあるのでしょうか?
 まずはフレア加工する際に水などが入ってしまうことです。室外機を設置場所に置いた後に、配管を切断し、管の中の銅管の先端をラッパ状に広げ、加工し、配管の接続を正しくできるようにします。 もしも中に水などが入ってしまうと、室外機の内部をガスで満たすことが困難になり、空調の電力効率が低下する可能性があります。
 どの配管も正しくきちんと接続されるべきなのですが、接続が緩くなると、空気が漏れて次の工程が正しくできなかったり、冷媒ガスが漏れてしまったりする可能性もあります。 また、接続だけでなく、管の締め付けも同じく重要で、締め付けが緩いと同様に空気の漏れやガスの漏れを引き起こす可能性があります。

 このような配管の取り付けに不具合があると、結果的に冷房代が高くなるだけでなく、ガスの充填が必要になるなど取り付け業者に頼むよりも高い費用がかかってしまうこともあります。

手間とリスク回避を考えると業者選択が吉

 このように、エアコン取り付けは自分自身でやると様々なリスクがあり、それらを考えると業者に任せた方が最終的にお得になることが多いです。 自分でエアコンを取り付けて、うまく作動しなかったら、その分また費用がかかってしまいます。
 また、自分でうまく取り付けることができても、数年経ってでてくるリスクもあります。 例えば、エアコンが故障した場合、エアコン業者が取り付けてくれていれば保証が付いてくることが多いですが、自分で取り付けた場合、保証がついていないためその分故障の修理費用が高くなることも考えられます。

 また、エアコン買取を希望する場合、自分で取り付けたものは見えない所に欠陥があったり、ガスが漏れていたりする可能性があるため、エアコン業者が取り付け・取り外しをしていないエアコンを買い取りしてくれないリサイクル業者もいます。 そして一番のデメリットが時間です。
 業者に依頼すれば2時間もかからず取り付けてもらえます。 自分でするとなると2時間以上かかることも考えられますし、ご紹介したリスクも十分にあります。 そのため、自分で確実にエアコンの取り付けができるという技術と覚悟がある方以外は、エアコン業者に依頼するのが良いです。

エアコン取り付けが6400円~ | お引越し/ご新築のエアコンなど


フォームでのお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ内容:

取り外し

中古取り付け

新品取り付け


その他の工事:


希望期間:

※は必須項目です

お名前

Email

電話番号

ご住所1

引越しなどで住所が二か所ある場合
  • ご住所2

お得な情報

No Yes

キャンペーンなどのお得な情報を受け取る(不要な方はチェックを「No」にしてください。)