エアコン取付時の真空引きについて

    > > エアコン取付時の真空引きについて

エアコン取付時の真空引きについて

エアコン取付時の真空引きについて(概要)

エアコン取り付けの際には、真空引きという作業が必要になります。

これはエアコンを設置する際、室内機と室外機の配管接続作業を行った後で、配管内に残った空気を吸い出し、配管内を真空状態にする作業です。

通常の屋内や屋外で作業する限り、どうしても管の中に空気が残ってしまうため、配管作業が完全に終わり、配管内部が密閉状態になったあとで行います。

ここでは真空引きについて、その必要性や作業が完全でなかった場合に起こる問題、実際の作業の手順などを説明します。

真空引きはどんな作業?目的は?

真空引きはどんな作業?目的は?

真空引きとは、エアコン取り付けにおいて、室外機や室内機、冷媒管の内部に残った空気を真空ポンプで吸い出し、配管内を真空状態にすることを言います。

エアコンの冷媒配管内は、冷媒のガスとオイルのみが循環する状態にしなくてはなりません。

配管内に空気が残ったままでエアコンを稼動させると、空気中の水分や不純物が凍って冷媒の循環を妨げ、冷房や暖房が効かなくなります。

さらに凍った水分などが配管の内部を傷つけ、漏電や圧縮機の不調など、数々の故障を引き起こすリスクも出てきます。

そのため配管作業の後、機器内部に残った空気を完全に排出しなければなりません。

この空気を排除する作業全般をエアパージと言い、特に真空ポンプを使って空気を抜く作業を真空引きと呼びます。

さらに真空ポンプで時間をかけて配管内の水分や不純物をほぼ完全に除去することを真空乾燥と呼びます。

かつてのエアパージはエアコン内の冷媒ガスを少しだけ放出させ、配管内部の空気を押し出すという簡便な手法が主流でしたが、これではエアコン内の冷媒ガスが減る上に、配管内の空気も完全に排出できないという問題があり、現在では真空ポンプによる真空引きおよび真空乾燥が推奨されています。

真空引きの方法

真空引きの方法

真空引きの作業に必要な道具は、真空ポンプとゲージマニホールド、チャージングホースです。

真空ポンプには手動式のものもありますが、手動式で真空引きを行うと完全に空気を吸い出すことができないこともあるので、電動式を用います。

ゲージマニホールドは配管内部の真空度を計測する装置です。

チャージングホースは、真空ポンプなどの機材とエアコンを接続するホースになります。

作業の手順は、
①まず真空ポンプにゲージマニホールドとチャージングホースを接続します。

②そしてチャージングホースの一方にあるチャージバルブを、室外機の側面にあるサービスポートに接続します。

③次にチャージングホースのバルブと、
④チャージバルブ側のツマミを順に開き、室外機と真空ポンプの間で空気が流れるようにします。

その後、真空ポンプの電源を入れ、真空引きの作業を開始します。

ゲージマニホールドには二つの目盛りがついていますが、連成計が-0.1Mpaを指すまでおよそ15~20分ほど作業を行います。

目盛りが-0.1Mpaになったら、チャージングホースの真空ポンプ側のバルブを閉めてしばらく放置し、目盛りの値が保たれるかを確認してください。

問題がなければ真空引きは完了です。
チャージングバルブのツマミを閉め、真空ポンプを取り外してエアコン取り付け作業を進めます。

真空引きの工具は素人でも入手できる?

真空引きの工具は素人でも入手できる?

真空引きに必要な真空ポンプやゲージマニホールドなどは、専門店やインターネット通販などで購入できます。

しかし電動式のポンプなど、確実な作業に必要なものを揃えると二万円以上は必要です。

ただ、これらの道具は二、三千円程度でレンタルすることもできます。

機材をレンタルで済ませて真空引きを行えば、エアコン取り付けの費用を安く抑えられますが、エアコン取り付けの際に、機材のレンタル費用とほぼ同程度の価格で真空引きを行ってくれる業者もあるので、やはり業者に頼むほうが確実だといえます。

業者に頼む場合の注意点としては、エアコン内の冷媒ガスを放出する方式のエアパージではなく 、きちんと電動ポンプを使った真空引き、真空乾燥を行ってくれるかを確認することです。

特に20分程度で終わる真空引きだけでなく、真空乾燥は時間をかけてじっくりと行う必要があり、また雨の日など湿度の高い環境では、より時間をかけて作業を行わねばなりません。

真空引きだけでなく真空乾燥まで完全に行うためには、経験豊富な業者に依頼するほうが信頼性は高くなります。

取り付け工事後にエアコンが十分に性能を発揮し、故障などを避けるためには、確かな技術を持つ業者に頼むほうが安心だといえるでしょう。

まとめ

真空引きはエアコン取り付けの際に行い、その後のエアコンの性能や寿命を決める重要な作業です。

しかし設置された年代が古いエアコンや、設置した業者の知識や技術が未熟な場合、設置時に冷媒ガスを排出して空気を追い出すエアパージの手法をとり、配管内の空気が完全に排出されていないケースもあります。

エアコンの効きが悪く、原因がエアパージ作業の不完全さだと思われる場合、自身で道具をそろえて真空引きを行う方法もありますが、より確実なのは専門の業者にエアコンの点検と修理を依頼することです。

エアコン取り付けが6,400円~ | お引越し移設が7,900円~/ご新築のエアコンなど