エアコン取り付けする際、真空引きは必須作業

    > > エアコン取り付けする際、真空引きは必須作業

エアコン取り付けする際、真空引きは必須作業のイメージ

エアコン取り付けする際、真空引きは必須作業(概要)

 エアコン取り付けは、ただ単に部屋にエアコンを設置するだけの作業ではありません。 きちんと正常に稼働するよう、こまごまとした作業が大事となります。
 真空引きもその一つで、これを省いてしまうと、異常が起きたり故障したりしてしまう危険があります。 そんな大事な真空引きの作業ですが、業者に頼まずDIYで行うことも可能です。
 しかし、素人には難しい作業がたくさんあるため、やはり業者に依頼して、迅速、確実に行なってもらうことをおすすめします。

真空引きとは何か

 真空引きとは、簡単に言えばエアコンの配管内部を空っぽにして、真空状態にする作業のことです。 水分を含め、すべての空気を取り除くのですが、これを取り付け時に怠ってしまうと、様々な不具合が起こります。
 エアコンの配管内部は、冷媒ガスのみで満たされていることが理想の状態です。もし水分や空気が少しでも残ってしまっていると、エアコンが正常に働かなくなり、効きが悪くなったり、最悪の場合故障したりしてしまうこともあります。

 取り付け時、エアコンには必ず湿気による多少の水分やゴミが付着しています。これを取り除かずにエアコンを稼働させると、内部が冷やされ、残存した水分が凍って故障に繋がってしまうのです。
 従って、エアコンを完全に設置する前には、この真空引きの作業は不可欠なのです。 業者によっては、手抜き工事で真空引きをしないところがあるかもしれません。

 エアコン取り付けを業者に依頼する際は、真空ポンプを用いてきちんと真空引きを行なっているかどうか、チェックすることをおすすめします。

DIYでは真空引きが難しい理由

エアコン取り付けする際、真空引きは必須作業

 エアコン取り付けの際、とても重要な真空引きの作業。業者に頼みたいところですが、中には標準工事の料金に真空引きが含まれていない業者もあるそうで、そうすると追加料金が発生してしまうので、結果的に高くなってしまいます。
 その場合、真空引きだけでも自分で行なって少しでも節約したいと思うかもしれません。しかし、素人にとって真空引きのDIYはかなり難しい作業と言えます。


 まず、作業に必要な真空ポンプや工具を揃えるところから始まります。エアコン取り付けは行わず、真空引きだけとはいえ、それだけで安くはないお金がかかってしまいます。
 せっかく業者に頼む費用を抑えるために自分で行うはずが、かえって高くついてしまいかねません。 また、真空ポンプなどを購入したとしても、その後本来なら専門業者がやる難しい作業が待っています。

 人生でそう何度も行う機会はないであろう真空引きのために、そこまでお金も時間も無駄にするのはもったいないですね。 では、そのDIYでは難しい作業の詳細を少しばかり見て行きましょう。

業者依頼なら迅速・確実

 エアコンの真空引きの作業は、始めに室外機に真空ポンプを取り付けます。 正式名称は長い名前が付いていますが、簡単に申し上げれば、バルブとホースと真空ゲージを、室外機のサービスポートという場所に接続します。
 そして電源を入れると、真空引きが開始されます。真空引きがきちんと行われているかどうか、表示されるゲージ圧の数値で確認し、20分ほど運転させます。

 ここまで、DIYで行なってうまく行けば良いですが、このゲージ圧の数値が変わらない場合、何らかの不具合が起きている可能性があり、そういったイレギュラーに対処しなければならないのは、やはり素人には難しいです。
 専門業者に依頼すれば、確かにお金はかかるかもしれませんが、安全で確実に真空引きが完了します。 なにより、迅速な作業で時間の節約になり、慣れない作業を自分でやるよりもとても効率的です。 費用、時間、安全性、確実性などいろいろな面を考慮して、自分で作業できない場合は業者に依頼してください。