プロが教えるエアコン取り付け真空引きの手順

    > > プロが教えるエアコン取り付け真空引きの手順

エアコン取り付けする際、真空引きは必須作業のイメージ

プロが教えるエアコン取り付け真空引きの手順 (概要)

 エアコン取り付けは、ただ単に部屋にエアコンを設置するだけの作業ではありません。 きちんと正常に稼働するよう、こまごまとした作業が大事となります。
 真空引きもその一つで、これを省いてしまうと、異常が起きたり故障したりしてしまう危険があります。 そんな大事な真空引きの作業ですが、業者に頼まずDIYで行うことも可能です。
 しかし、素人には難しい作業がたくさんあるため、やはり業者に依頼して、迅速、確実に行なってもらうことをおすすめします。
 また、他社で紹介されている真空引きの方法では、正しく配管内の真空状態を保つことがきません。今回は真空引きについてプロのテクニックも紹介します。

真空引きとは何か?どんな作業?目的は?

真空引きはどんな作業?目的は?

真空引きとは、エアコン取り付けにおいて、室外機や室内機、冷媒管の内部に残った空気を真空ポンプで吸い出し、配管内を真空状態にすることを言います。

簡単に言えばエアコンの配管内部を空っぽにして、真空状態にする作業のことです。

取り付け時、エアコンには必ず湿気による多少の水分やゴミが付着しています。これを取り除かずにエアコンを稼働させると、内部が冷やされ、残存した水分が凍って故障に繋がってしまうのです。

従って、エアコンを完全に設置する前には、この真空引きの作業は不可欠なのです。 業者によっては、手抜き工事で真空引きをしないところがあるかもしれません。

エアコン取り付けを業者に依頼する際は、真空ポンプを用いてきちんと真空引きを行なっているかどうか、チェックすることをおすすめします。 水分を含め、すべての空気を取り除くのですが、これを取り付け時に怠ってしまうと、様々な不具合が起こります。 エアコンの配管内部は、冷媒ガスのみで満たされていることが理想の状態です。もし水分や空気が少しでも残ってしまっていると、エアコンが正常に働かなくなり、効きが悪くなったり、最悪の場合故障したりしてしまうこともあります。

エアコンの冷媒配管内は、冷媒のガスとオイルのみが循環する状態にしなくてはなりません。

配管内に空気が残ったままでエアコンを稼動させると、空気中の水分や不純物が凍って冷媒の循環を妨げ、冷房や暖房が効かなくなります。

さらに凍った水分などが配管の内部を傷つけ、漏電や圧縮機の不調など、数々の故障を引き起こすリスクも出てきます。

そのため配管作業の後、機器内部に残った空気を完全に排出しなければなりません。

この空気を排除する作業全般をエアパージと言い、特に真空ポンプを使って空気を抜く作業を真空引きと呼びます。

さらに真空ポンプで時間をかけて配管内の水分や不純物をほぼ完全に除去することを真空乾燥と呼びます。

かつてのエアパージはエアコン内の冷媒ガスを少しだけ放出させ、配管内部の空気を押し出すという簡便な手法が主流でしたが、これではエアコン内の冷媒ガスが減る上に、配管内の空気も完全に排出できないという問題があり、現在では真空ポンプによる真空引きおよび真空乾燥が推奨されています。

プロが教えるエアコン取り付け真空引きの手順

真空引きの方法

エアコン取り付け際に真空引き作業を説明しているサイトを多数ありますが、実は大半は間違った解説をしています。

真空ポンプに接続したチャージングホースをエアコン室外機のサービスポートに接続する際、「チャージバルブ」というものが必須アイテムとなるのです。

折角、真空ポンプで真空引きをしても、サービスポート部は虫ピン構造になっているため、チャージングホースを外す際に「チャージバルブ」がない場合はいくら手早く取り外しでも「シューッ」と 音がして、取り外す時に空気が混入して、真空状態でなくなります。

真空引きの方法

チャージバルブがあれば、真空引きの作業を完了後に、真空状態を漏らさずにチャージホースの着脱ができます。

チャージバルブのローレットツマミ部を徐々に反時計回しにすると、内部の突起が徐々に凹むため、サービスポート内部で虫ピンを押している状態から 虫ピンを押さない状態に変わります。すると、この時点で、チャージホースを取り外しても、エアコン配管内に空気が混入することはありせん。

DIYでは真空引きが難しい理由

エアコン取り付けする際、真空引きは必須作業

 エアコン取り付けの際、とても重要な真空引きの作業。業者に頼みたいところですが、中には標準工事の料金に真空引きが含まれていない業者もあるそうで、そうすると追加料金が発生してしまうので、結果的に高くなってしまいます。
 その場合、真空引きだけでも自分で行なって少しでも節約したいと思うかもしれません。しかし、素人にとって真空引きのDIYはかなり難しい作業と言えます。


 まず、作業に必要な真空ポンプや工具を揃えるところから始まります。エアコン取り付けは行わず、真空引きだけとはいえ、それだけで安くはないお金がかかってしまいます。
 せっかく業者に頼む費用を抑えるために自分で行うはずが、かえって高くついてしまいかねません。 また、真空ポンプなどを購入したとしても、その後本来なら専門業者がやる難しい作業が待っています。

 人生でそう何度も行う機会はないであろう真空引きのために、そこまでお金も時間も無駄にするのはもったいないですね。 では、そのDIYでは難しい作業の詳細を少しばかり見て行きましょう。

必要な工具

真空引きのdiy作業に必要な道具は、まず配管内から空気を完全に抜き出すための真空ポンプです。

この真空ポンプには手動式のタイプもありますが、手動式の真空ポンプで真空引き作業を行っても、配管内を完全な真空状態にはできない場合が多いので、真空引きには強力な電動式の真空ポンプを用いる必要があります。

次に必要なのがゲージマニホールドです。これは配管内部の真空度を計測する装置です。

そしてこれらの器具をエアコンと接続するためのチャージングホースです。

このチャージングホースについては、真空ポンプやゲージマニホールドに付属している場合が多くなります。

これらの機材は専門店やインターネット通販などでも購入できますが、電動式のポンプなど、絶対に必要なものを揃えると、総額で2万円以上になってきます。

ただ、これらの道具は2000円から3000円程度でレンタルすることも可能です。

真空引き自体、現実には頻繁に行うことのない作業なので、機材はレンタルで済ませるほうがお得でしょう。

この真空引きを行うのは、diyによるエアコン取り付けの作業で、室外機と室内機の設置、さらに双方の冷媒管やドレン管の配管を終え、エアコン全体の設置がほぼ完了した最終段階で行います。

作業手順

真空引き作業をdiyで行う場合の手順は、エアコン取り付け作業が真空引きの段階まで至った時点で、まずエアコンの室外機側で必要な機材をそろえて、真空ポンプとゲージマニホールドをチャージングホースで接続します。

このときゲージマニホールドやチャージングホースのバルブは閉じた状態にしておきます。

さらにチャージマニホールドにエアコンと接続するためのホースをつなぎ、いつでも作動可能な状態にします。

そして室外機の側面で、冷媒管の接続部分から、室外機側の冷媒管との接続部分にあるサービスポートと呼ばれる部分に、チャージマニホールドからのホースの先端にある部分を接続して、接続部のバルブをきっちりと締めます。

次にホースのバルブと、ゲージマニホールド側のツマミを順に開き、室外機と真空ポンプの間で空気が流れるようにして、真空ポンプを作動させます。

ゲージマニホールドの目盛りが-0.1Mpaを指すまでの間、およそ15~20分ほど真空ポンプを作動させ続けます。

目盛りが-0.1Mpaになったら、ゲージマニホールドのバルブを閉め、真空ポンプを停止してから15分ほど放置して、目盛りがそのままの状態かを確認してください。

ここで数値が変化すれば空気が入り込んでいますので、真空引き作業をやり直してください。

真空引きの方法

真空引きの方法

真空引きの作業に必要な道具は、真空ポンプとゲージマニホールド、チャージングホースです。

真空ポンプには手動式のものもありますが、手動式で真空引きを行うと完全に空気を吸い出すことができないこともあるので、電動式を用います。

ゲージマニホールドは配管内部の真空度を計測する装置です。

チャージングホースは、真空ポンプなどの機材とエアコンを接続するホースになります。

作業の手順は、
①まず真空ポンプにゲージマニホールドとチャージングホースを接続します。

②そしてチャージングホースの一方にあるチャージバルブを、室外機の側面にあるサービスポートに接続します。

③次にチャージングホースのバルブと、
④チャージバルブ側のツマミを順に開き、室外機と真空ポンプの間で空気が流れるようにします。

その後、真空ポンプの電源を入れ、真空引きの作業を開始します。

ゲージマニホールドには二つの目盛りがついていますが、連成計が-0.1Mpaを指すまでおよそ15~20分ほど作業を行います。

目盛りが-0.1Mpaになったら、チャージングホースの真空ポンプ側のバルブを閉めてしばらく放置し、目盛りの値が保たれるかを確認してください。

問題がなければ真空引きは完了です。
先ほどご説明した、チャージバルブのローレットツマミ部を反時計回りに回します。この時点で、エアコン室外機の配管はチャージバルブの接続部と分離された状態なります。 チャージングバルブのツマミを閉め、真空ポンプを取り外してエアコン取り付け作業を進めます。

個人で行うには難しいポイント

エアコン取り付けで真空引きをdiyで行うのが難しいポイントとしては、まず手順の複雑さがあります。

真空引きが完了したあとは、まず最初にゲージマニホールドと室外機を接続するホースの封鎖ツマミを閉め、次に室外機の、ゲージマニホールドと接続していない側のバルブを開放します。

その次に接続している側のバルブを開放し、真空状態だった冷媒管にガスが充満したら、再度バルブを閉め直してそれぞれバルブキャップをはめ込み、ホースを取り外します。

この手順を誤ると、ホースからガスが逆流してゲージマニホールドを壊すほか、冷媒管に空気が入りこんで真空引きが台無しになるといったミスの要因になります。

真空引き作業の手順ミスによっては、購入したばかりのエアコンを故障させるという事態にもなりかねませんので、きちんと作業の手順と、作業につれてエアコン内部がどうなるのかという構造を理解した上で作業に挑む必要があります。

また真空ポンプ側のホースとサービスポートとのわずかな接続の不調でも空気漏れが起こり、何度やっても真空引きがうまくいかないといった事態も起こりえます。

接続の悪さのほか、接続部分のわずかな油汚れなども空気漏れの原因になるため、あらかじめサービスポートやバルブ部分の汚れを丁寧に落としておく必要があります。

真空引きの工具は素人でも入手できる?

真空引きの工具は素人でも入手できる?

真空引きに必要な真空ポンプやゲージマニホールドなどは、専門店やインターネット通販などで購入できます。

しかし電動式のポンプなど、確実な作業に必要なものを揃えると二万円以上は必要です。

ただ、これらの道具は二、三千円程度でレンタルすることもできます。

機材をレンタルで済ませて真空引きを行えば、エアコン取り付けの費用を安く抑えられますが、エアコン取り付けの際に、機材のレンタル費用とほぼ同程度の価格で真空引きを行ってくれる業者もあるので、やはり業者に頼むほうが確実だといえます。

業者に頼む場合の注意点としては、エアコン内の冷媒ガスを放出する方式のエアパージではなく 、きちんと電動ポンプを使った真空引き、真空乾燥を行ってくれるかを確認することです。

特に20分程度で終わる真空引きだけでなく、真空乾燥は時間をかけてじっくりと行う必要があり、また雨の日など湿度の高い環境では、より時間をかけて作業を行わねばなりません。

真空引きだけでなく真空乾燥まで完全に行うためには、経験豊富な業者に依頼するほうが信頼性は高くなります。

取り付け工事後にエアコンが十分に性能を発揮し、故障などを避けるためには、確かな技術を持つ業者に頼むほうが安心だといえるでしょう。

エアコン取り付けDIYで真空引きしない方法

従来はガス圧方式によるエアパージが主流でしたが、現在は新冷媒のエアコンが普及しているためより精度の高い除去方法が推奨されていることと、環境への配慮等の側面から、真空引きが主流となっています。

弊社では取付け時の真空引きは無料で行なっております。 DIYで真空ポンプを用意できない場合はガス圧方式によるエアパージで代用する方もいらっしゃいますが、環境への配慮と冷媒の残量が減るため推奨は致しません。

作業時間は天候や配管の長さにより変わりますが、大体数分~数十分程度です。真空ポンプは手動式と電動式があり、一般的には電動式のほうが良いと言われていますが、家庭用エアコンではどちらで施工をした場合でもほとんど差はありません。ですので、弊社では基本的には手動式・電動式といったご指定は承っておりません。どうしても電動式をご希望の場合は一度ご相談ください。

業者依頼なら迅速・確実

 エアコンの真空引きの作業は、始めに室外機に真空ポンプを取り付けます。 正式名称は長い名前が付いていますが、簡単に申し上げれば、バルブとホースと真空ゲージを、室外機のサービスポートという場所に接続します。
 そして電源を入れると、真空引きが開始されます。真空引きがきちんと行われているかどうか、表示されるゲージ圧の数値で確認し、20分ほど運転させます。

 ここまで、DIYで行なってうまく行けば良いですが、このゲージ圧の数値が変わらない場合、何らかの不具合が起きている可能性があり、そういったイレギュラーに対処しなければならないのは、やはり素人には難しいです。
 専門業者に依頼すれば、確かにお金はかかるかもしれませんが、安全で確実に真空引きが完了します。 なにより、迅速な作業で時間の節約になり、慣れない作業を自分でやるよりもとても効率的です。 費用、時間、安全性、確実性などいろいろな面を考慮して、自分で作業できない場合は業者に依頼してください。

まとめ

真空引きはエアコン取り付けの際に行い、その後のエアコンの性能や寿命を決める重要な作業です。

しかし設置された年代が古いエアコンや、設置した業者の知識や技術が未熟な場合、設置時に冷媒ガスを排出して空気を追い出すエアパージの手法をとり、配管内の空気が完全に排出されていないケースもあります。

エアコンの効きが悪く、原因がエアパージ作業の不完全さだと思われる場合、自身で道具をそろえて真空引きを行う方法もありますが、より確実なのは専門の業者にエアコンの点検と修理を依頼することです。

エアコン取り付けが6,400円~ | お引越し移設が7,900円~/ご新築のエアコンなど