エアコンの化粧カバーは取り付けるべきか

    > > エアコンの化粧カバーは取り付けるべきか

エアコンの化粧カバーのイメージ

エアコンの化粧カバーは取り付けるべきか(概要)

 エアコン取り付けを依頼する際に悩むことのひとつとして、化粧カバーを取り付けるかどうかということがあります。オプションサービスで追加料金になるため、なんとなく取り付けたほうが良さそうだとは思っていても、少し考えてしまいますよね。
 エアコンの化粧カバーを取り付けることのメリットは大きいですが、必須でありません。 特に取り付けをおすすめしたいケース、逆に取り付けの必要性が低いケースもあるので、詳しくご紹介していきます。

劣化や見た目の良さを考えるなら付けるべき

 露出した配管を覆う化粧カバーは、室内機側と室外機側に分けられます。エアコンの化粧カバーを取り付けるメリットは、次の2点が挙げられます。 まずは、室外機側に取り付けることでエアコン配管の劣化を防ぐということです。
 特に数年以上エアコンを使用する予定がある場合、標準工事の配管テープ巻きのみでは雨風、直射日光にさらされて劣化してしまう可能性が高くなります。

 一方、室内機側に取り付けることのメリットは、配管周辺の見た目を良くすることです。化粧カバーを取り付けて配管を隠してしまうことで、エアコン周辺がすっきりとした印象になります。
 反対に、エアコンの買い替えや移設の予定がすでにある場合には劣化についてあまり配慮する必要はないでしょうし、壁の穴をエアコン室内機の裏に隠し、配管を隠して設置する工事が可能な場合にも不要でしょう。

 化粧カバーを取り付けるかどうかは、エアコン取り付け時にしっかりと検討されることをおすすめします。 なぜなら、後付け工事になってしまうと費用が高くなってしまうケースが多いからです。

室内化粧カバーと室外化粧カバーの違い

エアコンの室内化粧カバーと室外エアコンの化粧カバー

 エアコン取り付け時のオプションとなる化粧カバーについては、室内機側と室外機側で別料金になるケースがほとんどです。
 室内化粧カバーと室外化粧カバーの違いをご説明したいと思います。 まず室内化粧カバーとは、壁に設置した室内機から、エアコン配管が通る箇所までの配管を覆うものです。

 室内の配管については紫外線による劣化の可能性が低いため、室内化粧カバーを取り付けることのメリットは、配管をまとめてすっきりさせて、景観を良くすることに使われます。
 一方室外化粧カバーは、壁のエアコン配管が通る箇所から室外機までの配管を覆います。 基本的には、室外化粧カバーは取り付けた方が良いでしょう。 配管テープ巻きに使用されるテープは、紫外線による劣化が早いためです。

 劣化が進むと覆っていた配管類が露出してしまい、冷媒管を覆っている断熱材なども紫外線を受けて劣化します。 そうなると、エアコンの効きが悪くなっていまい、エアコンの機能を十分に発揮できなくなるといった事態に陥ります。
 そのため、特に室外機側の化粧カバーについては取り付けることをおすすめします。

化粧カバーはエアコンを取り付けた後でも付けられるの?

 エアコン取り付け時に化粧カバーを付けるのが理想ですが、化粧カバーは後付けも可能です。 取り付けを依頼する業者を探したり、見積もりを出してもらったりと、多少の手間はかかってしまいます。 しかし化粧カバーを取り付けることのメリットは大きいので、すでにエアコン取り付け済みの方でも、ぜひ検討してみてください。
 後付け工事自体は問題なく行えますが、既設エアコンに化粧カバーを取り付ける場合ならではの注意点もあります。それは、費用の問題です。

 新設エアコンの場合より、既設エアコンの方がどうしても費用が高くなってしまうという点です。 なぜなら、既設エアコンに化粧カバーを取り付ける際には、化粧カバーの追加工事と併せて、エアコンの取り外しと取り付け工事も必要になってくるからです。
 エアコン配管は破損しやすいので、持ち上げたり曲げたりすると冷媒ガスが漏れる危険があり、配管をすべて新しいものに取り替えたうえで追加工事を行う場合もあります。