エアコンによって違う?コンセントの形状について

    > > エアコンによって違う?コンセントの形状について

エアコンによって違う?コンセントの形状について

エアコンによって違う?コンセントの形状について(概要)

「エアコンのコンセントなんて、どれも同じでしょ?」と思っていませんか?通常の家電製品のコンセントと違って、エアコンのコンセントは普段注意を払う機会が少ないですから、そう思われるのも無理はありません。

しかし、エアコンによってコンセントの形状は違います。ではなぜ、コンセントによって形状が違うのでしょうか。

こちらでは、その理由や形状が違うエアコン取り付けの際の注意点について見ていきます。

エアコンのコンセントの形状の違いについてきちんと押さえておきましょう。

電圧によって形状が違う!

コンセントの形状の違いは、電圧と電流の違いによるもの

エアコンのコンセントの形状の違いは、ずばり、電圧と電流の違いによるものです。

エアコンのコンセントは単相100V15A単相100V20A単相200V15A単相200V20Aの4種類に分かれています。

この「単相」というのは、家庭用の家電製品に電気を送る方法を指します。

単相100V15A平行型と呼ばれ、6~8畳用エアコンに使われます。

単相100V20Aアイエル型と呼ばれ10~12畳のエアコンに使われます。

単相200V15Aダンデム型と呼ばれ、14畳以上の部屋用エアコンに使われます。

単相200V20Aエルバー型と呼ばれ、16畳以上の部屋用エアコンに使われます。

部屋が広くなればなるほど、電圧も電流もより多く必要になります。

ですから、部屋の広さによってエアコンのコンセントが違うというわけです。

これを機に、ご自宅のお部屋のコンセントの形状を調べてみるのもおもしろいかもしれませんね。

形状が異なるには理由がある

エアコンのコンセント、形状が異なるには理由がある

では、なぜエアコンのコンセントは形状が異なっているのでしょうか?

すべて同じ形状のほうが、一見便利にも思えます。

しかしそれにはきちんとした理由があります。もしもすべてのコンセントが同じ形状だとしたら、200V用コンセントに100Vのプラグを差し込んでしまう間違いが起きるかもしれません。

するとエアコンの利きが悪くなったり故障しやすくなったりといった不具合が生じてしまいます。

逆に100V用コンセントに200Vのプラグを差し込んでしまったら火災が起こる恐れもあります。

また、他の電化製品のプラグを差し込んでしまったら、エアコン用の大きな電流によって電化製品が壊れてしまう可能性もあります。

このような不測の事態を防ぐために、エアコンのコンセントの形状を電圧とアンペアによって、わざと変えているというわけです。

理由が分かると、一見不便に思えるコンセントの形状の違いにも、納得がいくのではないでしょうか。

双方が異なる場合は工事が必要です

エアコンのコンセント、双方が異なる場合は工事が必要です

ではエアコンのコンセントとプラグの形状が合わない場合は、どうすればよいのでしょうか。

せっかく買った新品のエアコンが使えなかったら、ショックが大きいですよね。

しかし、工事をすれば双方が異なっていても、きちんと使用できるようになります。

ただし、「形状を同じにするだけなら、わざわざ業者に頼まなくても自分でやれそう。

ホームセンターで買ってくればいいんだよね?」と考えるのは大変危険です。

というのも、単に形状を同じにしても双方の電圧と電流が揃うわけではないからです。

また、そもそも電気工事は資格を持った人しか行えません。

漏電による火災や、感電による事故などの起こる可能性もありますので、必ず専門業者に依頼するようにしてください。

料金はエアコン取り付けの際にお願いする場合はプラス6000円程度ですから、言うほど高くはありません。

ご自身やご家族の安全のためにも、くれぐれも自己判断で行わないようにお気を付けください。

まとめ

エアコンのコンセントの形状について見てきましたが、いかがでしたか?

エアコンを購入する際、部屋の広さに合ったエアコンをお選びいただければ、コンセントとプラグの形状が違うという事態はほとんど起こらないとは思いますが、「エアコンをもっと大容量の物 に買い替えたい」、

あるいは逆に「小さい容量の物に変えたい」というケースもあるかもしれません。

その場合は専門業者に相談し、工事を依頼することをお勧めします。

エアコン取り付けが6,400円~ | お引越し移設が7,900円~/ご新築のエアコンなど