賃貸住宅でエアコン取り付けをする際の注意点

    > > 賃貸住宅でエアコン取り付けをする際の注意点

賃貸住宅でエアコン取り付けをする際の注意点のイメージ

賃貸住宅でエアコン取り付けをする際の注意点(概要)

 最近はエアコン完備の賃貸物件が増えてきましたが、そうでない物件もまだまだ多くあります。 そのような場合には自身でエアコン取り付けの依頼が必要となりますが、気になることもありますよね。 例えばそもそも賃貸住宅で工事可能なのか、管理会社等の許可が必要なのか、退去時に問題になったりしないのか、など。
 またエアコン付きの物件でも、既設のエアコンを新しいものに取り替えることはできるのかといった疑問が出てくるかもしれません。 今回は賃貸住宅でエアコン取り付けをする際の注意点をご紹介します。

穴を開けても大丈夫なのか?

 まずは、賃貸住宅で新たにエアコン取り付けをすることは可能なのかという点です。 大体の場合、設置可能となるでしょう。入居時、既にエアコンの配管穴(スリーブ)が開けられていて決まった設置場所があり、室外機用のスペースがあるようなケースでは、基本的には許可を取ったりする必要もないでしょう。
 決められた設置場所にビス穴を開けてエアコンを設置したとしても、退去時に修繕費用が請求されるということもないと考えて良いでしょう。 ただし、スリーブがない場合は、壁に大きな穴を開けるといった大掛かりな工事が必要になりますので、注意しましょう。

 このような場合には、まず管理会社もしくは大家さんに連絡し、相談することが必須になります。 なぜなら借主が無断で賃貸住宅の壁に穴を開けることは原則禁止されているため、後々のトラブルにつながりかねないからです。
 退去時に諸費用の請求をされないようにするためにも、エアコン取り付け工事を行っても良いのか、そしてスリーブの位置、さらには退去時の処分方法まで、管理会社もしくは大家さんへしっかりと確認しておくことが大切です。

既設のエアコンが古く取り替えたい場合は?

賃貸住宅でエアコン取り付けをする際の注意点

 既設のエアコンが古い場合などには、新しく取り替えたいと考えるケースがあるでしょう。故障、電気代の高さといった理由が挙げられます。
 まずエアコンが故障してしまった場合、管理会社もしくは大家さんに報告をしましょう。そこで修理や取り替えなど、今後の対応を相談します。

 エアコン取り替え希望の旨を伝えると、物件の価格に変動がでるかどうかといった観点などから、取り替えできるかどうかや費用の分担などが検討されます。 一方、電気代の問題からエアコンを取り替えたいというケースはどうでしょうか。
 エアコンが古いものであると、どうしても電気代が高くなってしまいます。 しかし、故障しているわけではないのでなかなか新しくエアコン取り付けをしてもらえないことが多いかと思います。

 そんな時におすすめしたいのが、エアコンの掃除です。フィルターなどを掃除するだけでも冷房機能が改善され、電気代は大きく変わってきます。 自分で掃除をすることが難しい場合には、プロに依頼するのもひとつの方法です。エアコンを交換するよりも費用が安く抑えられます。

エアコン工事が原因で退去時にトラブルにならない為に

 賃貸物件において、エアコン工事に関する退去時のトラブルを避けるにはどうしたら良いのでしょうか。 まずどのようなケースでも共通して言えることは、事前に管理会社もしくは大家さんに連絡や相談をするということです。
 そして頭に入れておいていただきたいのは、賃貸物件を借りる際、原則として借主に「原状回復の義務」が発生するということです。

 そのためエアコン取り付けや取り替えを勝手に行ってしまうと、それらが退去時のトラブルにつながりかねないということです。 エアコン取り付けは、壁に配管穴を開けたり、壁に穴を開けて室内機を取り付けたりと、物件に傷をつける作業が行われます。
 この傷に対して、貸主が借主へ修繕費用を請求するといったことが考えられるからです。 また、自身で設置したエアコンを無断でそのままの状態で退去した場合には、撤去費用を請求されることもあります。

 賃貸物件の内見時や入居前に、エアコン設置の可否、退去時の対応方法についてもすべて詳細に確認しておくことをおすすめします。