ポンプダウン|エレホーム用語集

  1. エアコン工事TOP >
  2. エアコン取り外し
  3. ポンプダウン|エレホーム用語集

ポンプダウンとは。

マルチエアコン

  エアコンを取り替えたり、引越しで移設する際等、 冷媒配管パイプを取り外す際に室内機や配管パイプ内に残っている冷媒ガスを室外機に封じ込め、 回収する作業の事です。冷媒ガスは冷暖房を行うエアコンに不可欠なものですので、 きちんと回収が必要です。オゾン層の破壊にも繋がる為、冷媒ガスを大気に放出してはいけません。
エアコン取り外しに伴うポンプダウン作業はエアコン工事の中では比較的軽作業に入りますが、 万一失敗し冷媒ガスを漏らしてしまってはエアコン取り付け時に大きな出費となります。 エアコン取り外し工事は、専門業者に依頼するのが確実な方法です。

エアコン移設の際にガス補充は必須ではありません。

  引越しなどでエアコンを移設する際、ガス補充・チャージは必須工事ではありません。 エアコン取り外し時に、ポンプダウンを正しく行っていれば通常は既存のガスを回収することが出来ますので、 規定量に達していれば取り付け先でも問題なく使用することが出来ます。

ポンプダウン作業は別途料金が必要か?

  エアコン取り外しの工事時に、ポンプダウンという名目で別料金を提示する業者さんもいらっしゃいます。 取り外し作業が終わってから提示されては困りますので、事前に確認下さい。 通常はエアコン取り外し工事代金の中に含まれていることが殆どです。

ポンプダウン作業はエアコン取り外し時に行います。

  エアコンを取り外す際にはポンプダウンが必要です。一般的に馴染みのない言葉ですが、 エアコンの中に充填されている冷媒ガスを室外機に封じ込める作業です。 夏場の場合、一番低い設定温度にして室外機のファンが回るのを待ちます。 冬場の場合、通常は冷房が運転しませんので室内機側についている強制冷房スイッチを押し、 室外機のファンが回るのを待ちポンプダウンを行います。 お使いのエアコンの機種により強制冷房のスイッチが異なりますので、 方法が分からない場合は取扱説明書をご覧ください。※暖房運転ではポンプダウン出来ません。
ポンプダウン作業をしなかった場合はガスを大気中に放出してしまいますので、 エアコン移設工事、エアコン取り外し工事には欠かせない作業です。