エレホームニュース

エアコン取り付け業者の選び方、注意点

エアコン取り付け業者を選ぶには

 エアコンを取り付ける時にどんな業者を選べばいいか、 正直いっぱいありすぎて困りますよね。 安い業者が良いのかそれとも高くても保証が充実している業者がいいのか 工事をしてほしい人の価値観によっても変わってくるのでなおの事難しいです。 それぞれどんなところに注意して選べばいいか見ていきましょう。

じゃあどうやって選べばいいの

 結局のところはいかに自分がしたい取り付け工事をしてくれる業者を探すかが「キモ」 になります。
例えば「何が何でも安く工事したいと言う人」や、「ちょっと特殊な付け方をするから 少しくらいは料金が掛かってもいいから工事をしてくれるところが良いと言う人」、 「とにかく確実に動作するように取り付けしてくれればお金は高くなってもいいという人」 状況によって人それぞれです。

 正直なところ、自分に合った業者をさがす方法は色々な業者のホームページを見たり実際に電話を掛けたりするのが地道ですが近道です。  後は有名な掲示板などで質問してみる野もいいですが、もちろん業者も見ているので変に偏った意見を言ってくる解答者には気をつけたほうが良いでしょうね。

意すれば怖くない?!業者選びの注意点

 探すのは地道に探すしかないとしても注意点が幾つか有ります。 例えば当たり前ですが表示されている基本料金と実際に電話で聞いた時の料金が あまりに違い過ぎる場合は辞めておいた方がいいでしょう。

 その他にはある程度追加料金を聴いてもまったく教えてくれないところです。 追加で良くある配管交換や、化粧カバー等のオプション料金が定まっていない場合は そういった工事が出た場合思っているよりも高額な料金を請求されてしまう可能性もあるので注意が必要です。

プチ知恵袋

他にも注意したいことや選ぶうえで参考になりそうな情報をQÆA方式でご紹介します。

Q:業者によってなんでこんなに料金が違うの?

A:業者と言ってもそれぞれ得意分野が有りますし、一日で回れる件数と、行ける範囲がやっぱり決まっています。 多少の違いは仕方ないかと思います。

Q:配管を変えないで良いという業者と変えたほうがいいという業者どちらが正しいの?

A:一概にどちらが悪でどちらが正義とは言いえないでしょう。ある程度使用していると交換しないと、 中の銅管に酸化被膜が出来てそれの剥落によって不具合が出る場合も有るので、 後の事を考えれば新しいものを使うほうがエアコンの寿命も伸びますし、工事業者としても正直リスクが減ります。
ただ、交換すればやはり料金が掛かるので負担が増えます。配管についてはそれぞれの業者によって扱いが有るので 自分に合った工事をしてくれる会社に頼んだほうがお互いの為になると思います。

Q:大手業者と地域専門の業者って結局どっちがいいの?

A:頼む時期によっても変わりますが、先ず料金の違いがあります。大手の場合は大抵料金がある程度決まっていてホームページ等にも紹介されているのでイメージが付きやすいです。また、 規模も大きな分対応範囲が広く長距離の引越しの時に同じ業者に頼めるのは大きなメリットです。
 地域の業者の場合は対応地域が決まっているので遠方での引っ越しの場合、その地域でもう一度さがす手間が生まれます。 また、繁忙期になると中々電話が繋がらない場合もあり受付すらままならなくなる現状もあります。
しかし、大手業者と違いある程度の料金や時間設定に融通も聞きますし、大手にはできない特殊な工事に対応している場合も多いです。

Q:悪い業者が企みそうな事って何が有るの?

A:多くは無いと思いますが例えば料金をかなり安く案内して、追加料金の事には一切触れずに 当日、工事が終わってから請求する時点で始めて追加で料金が解るというケースもあるようなので、 工事前や依頼する前にある程度どんな追加が掛かるかは聞いておくことで自分の身を守れます。

Q:選ぶときにどんなことを前もって調べておいたらスムーズに話しできますか?

A:業者を選ぶときには、どんな工事をしたいか、いまはどんな状態でどうしたいかを 具体的に上げれば問題は有りません。
 どんな工事をしたいかとは、新しいものを付けるのか、引っ越しで外して持っていくのか
貰ったものを取り付けるのか。そういった工事の概要を伝えてください。
そして、エアコンの種類や容量、設置状況や電源の有無、等を伝えてもらえればほとんどの場合はスムーズに進みます。

前の記事
次の記事