エアコンの取り付けに関するよくある質問

  1. 取り付けに関する質問

エアコンの取り付けに関するよくある質問

こちらでエアコン取り付け工事でよくあるご質問をまとめました。

Q.取り付け保証はありますか?

A. はい、取り付けに関わらず弊社で施工させて頂いた工事に関しては施工後1年間の保証をさせて頂いておりますので、何かあればお気軽にご連絡ください。工事の保証書は領収書も兼ねておりますので、大切に保管頂きますようお願い致します。エアコンの工事以外(ウォシュレット取り付け・照明取り付け・その他電源工事)なども対象になっております。ただし、自然災害など施工以外の原因で発生した問題は、有償での対応、もしくは対応できない場合がございます。

Q.大体どのくらいの作業時間ですか?

A.まずエアコンの取り外し工事にかかる時間は1台30分~45分程です。取り付け工事に関しては、1台90分~120分程を目安に工事をさせていただきます。お住まいの建物状況やエアコンの設置環境によって時間は変わりますので、あくまで目安としてお考えください。 また、配管化粧カバーなどオプション工事の作業時は通常工事よりもお時間を頂くことになります。

Q.中古で購入したエアコンも取り付けてもらえますか?

A. はい、中古で購入されたエアコンでも取り付け工事を行っております。背板やリモコンなどの部品・付属品がそろっている事と、専門の業者が外されたエアコンに限ります。また、配管などの部材は、弊社でご用意した新しいものに有償で交換させていただきます。お客様にて購入された部材を使用しての施工は承っておりません。なお、製造年から10年以上経過したもの、故障しているものの取り付けはお断りしています。

Q.どんなエアコンでも工事してもらえるのですか?

A. 通常の壁掛けエアコンや窓用エアコンなど、弊社では一般家庭用エアコンの工事に限らせていただいております。埋め込み型や業務用のエアコンに関しては工事が出来かねます。また、素人の方が外されたエアコン、製造年から10年以上経過したエアコン、10年未満でも劣化が激しいエアコン、不良品や破損しているエアコンなどは、取り付け工事をお断りさせていただきます。予めご了承ください。

Q.エアコンの販売はしていますか?

A. はい。ダイキン、日立、パナソニック、三菱、東芝などの日本国内ブランドのエアコンを販売しております。お支払方法は事前の銀行振り込みのみになります。詳しくは各エアコン本体販売ページをご確認下さい。

Q.取り付ける予定の場所に穴が無いのですが開けてもらえますか?

A. 建物の所有権と壁の材質によって違います。木造もしくは軽量鉄骨(ALC)の戸建て持ち家の場合なら、穴をあけてエアコンを付けさせていただきますが、その際、柱や筋交いをかわす為に、建築の図面を用意していただけると助かります。また、共同住宅や壁がコンクリートの場合は、耐震強度の問題上、穴あけ工事はお断りさせていただいております。

Q.取り付け予定の場所がかなり狭いのですが取り付け可能ですか?

A. 取り付け位置の寸法によっては施工不可になることもございます。お客様側での調べ方としては、お取り付け希望エアコンの取扱説明書または据付説明書に、寸法とサービススペース等の名目で寸法プラス何cm(5cmの場合が多い)という表記がございます。その合計寸法以下のスペースしかない場合はエアコンの取り付けはできません。メーカーによってはコンパクトサイズのエアコンを販売しているところもございますので、お調べ頂きますようお願いいたします。

Q.配管がおそらく壁に埋まっている形なのですが工事は可能ですか?

A. はい、そのような状態を隠蔽配管と言いますが、エアコン取り外し工事・取り付け工事は可能です。ただ、一言に隠蔽配管と言っても事前に冷媒配管が壁の中に通っている場合(先行配管)と、点検口を開けてから冷媒配管を仕込まなければいけないなどのケースがあります。現地状況によって施工内容が大きく変わったり、対応不可の場合もございますので、事前の現地見積もりがおすすめです。

Q.エアコン室内機が2階で室外機を1階に置こうと思うのですが取り付け工事は出来ますか?

A. はい、可能です。ただし、2階部屋の裏側にベランダがある場合は、通常そちらにエアコンの室外機を設置するほうが一番無難ですし、料金もお安く施工可能です。ベランダがない場合や、スペースを取りたくないという場合は、1階の地上まで下ろしますが、その場合冷媒配管は平均的に7メートル以上は使用します。また、外側の化粧カバーを取り付けるならその分も追加でご料金が発生します。なお、ハシゴを立てての作業になりますので高所作業代が発生する場合、2名作業代など追加費用が発生する場合がございます。

Q.近くに専用電源がなければ延長コードは使えますか?

A. 使用できません。エアコンは大量の電流を長時間必要とする為、電気ブレーカからの専用コンセントでないと、発熱・発火の恐れがあります。近年、通常のコンセントからの延長コードやタコ足配線を使うことで事故につながったケースが多く報じられています。エアコン専用コンセントが無ければ、増設する必要があります。

Q.3階以上は室外機を取り付ける工事は可能ですか?

A. 大変申し訳ございませんが、弊社では3階以上の場合、標準工事(室外機が室内機と同階のベランダ置きや通路置き)以外の設置条件は施工できない場合があります。基本的には取り外し・取り付け工事ともに、3階からは標準工事のみとさせて頂きます。なお、3階以上でもベランダや通路に室外機を天井吊り下げたり、ベランダ内側の壁面取り付け作業については施工可能です。

Q.100Vとか200Vとかよくわからないのですが取り付けに関係ありますか?

A. 家庭用エアコンが使用する電圧は100Vと200Vの二種類があります。エアコンメーカーや機種にもよりますが、だいたい冷房能力が3.6kWまでは100Vで、4.0kW以上になると200Vの電圧になります。本体を選定する際、ご自宅の電源コンセントを事前に確認する必要があります。そうしないと、エアコンを購入しても取り付けることは出来ないことがあります。「電圧切替」と「コンセント交換」の二つの電気工事で電圧を合わせることも可能ですが、別途追加料金になりますので、予めご了承ください。