エアコン工事TOP

>

エアコンの取り付け

> 2階にエアコンを取り付けるときの費用

2階にエアコンを取り付ける際の注意点

エアコンを2回に着ける際の注意点

費用はどれくらい必要?

一軒家の2階のお部屋にエアコンを取り付ける工事の費用は、 配管穴やエアコン用コンセントがある一般的なお部屋の場合で 安ければ13,000円、高ければ55,000円ほどかかる場合があります。 こちらの値段は室外機をどこに設置するかによって変動しています。 「室内機のすぐ近く(ベランダ等)に室外機を設置できる場合」、 「室外機を1階に設置する場合」、 「室外機を壁面や屋上に設置する場合」 など環境によって工事費用が大幅に変動します。

工事費の目安

  • 立ちおろし工事:
    23,650円~

    内訳

    新品取り付け工事(配管4m付):13,750円~

    配管延長3m:9,900円~

  • 壁面/屋上取付工事:
    21,450円~

    内訳

    新品取り付け工事(配管4m付):13,750円~

    壁面/屋上作業工料:7,700円~

  • 壁面/屋上取付工事(金具費込み):
    30,250円~

    内訳

    新品取り付け工事(配管4m付):13,750円~

    壁面/屋上作業工料+金具費:16,500円~

※これらの工事は現場環境によって、高所作業料金や危険作業料金等が加算される場合があります。

お問い合わせ

大手家電量販店の「標準工事」とは…

現在の大手家電店では、エアコンの価格が「エアコン本体+標準取り付け工事費」の場合が多いです。 町の工務店さんでも、エアコン取り付けに定額の標準工事費を掲げる店が多くあります。 この「標準工事」とは、主にエアコンを1階に取りつける、もしくは同じ階に特別な設備なく設置する(2階の部屋ですぐ隣がベランダ等)場合を指すことが多いです。 詳細は店によって違いますが「標準工事」には、使用する配管パイプや電線の長さ、壁に配管穴を開ける費用、室外機を固定する機材などに規定があり、 規定を超えた分は追加料金が発生します。

エアコン工事の追加料金について

2階への取り付けで、ハシゴを使った高所作業が必要な場合は、 作業員の危険手当や、壁面等に取り付ける場合の金具が必要になることもあります。 他には、古いエアコンを取り外して設置する場合は、 エアコンの撤去・持ち運び費用や、国に収めるリサイクル費用などが必要です。 お見積もりの際は、エアコンを取り付ける部屋の状況や室外機の希望位置などを詳しく説明し、 正確な工事費を確認することが大切です。 弊社にお電話いただければ、専任スタッフによるお見積もりでスムーズにご案内させていただきます。。

自宅の環境を確認しておこう

エアコンの取り付け場所が2階になるだけで、様々な状況が想定されます。 ご自宅がどのような環境で、どのような工事が必要なのか、 ある程度事前の知識があれば、いざ工事となったときの突然の追加費用に対する心構えもできますし、 別の取り付け方法を考えるなどの対応もできます。 ぜひエアコンを2階に取り付けられる場合は事前の確認をお忘れなく。

消費電力や専用コンセントに注意!

エアコンを買い換える際に、気をつけなければらならないのが自宅の契約アンペア数と消費電力です。 買い換えたエアコンが以前のものより消費アンペアが高い場合、それに合わせて電力会社との契約アンペア数を変更する必要が出てきます。 また、エアコンには専用のコンセントが必要です。 法的な規制はありませんが、エアコンのように消費電力が高い電化製品については、 安全性を確保するために、家庭用の分電盤から専用の回路を設置することが推奨されています。 エアコンのコンセントは延長コードの使用が想定されていないため、 専用コンセントはエアコンを取り付ける場所のすぐ近くに必要です。 そのため、もしエアコンを取り付けたい部屋に専用コンセントがない場合は、 新たに設置工事が必要になります。

ページトップへ