エアコン室外機の設置方法に関するよくある質問

  1. エアコン工事TOP >
  2. よくある質問
  3. エアコン室外機の設置方法に関するよくある質問

エアコン室外機の設置方法に関するよくある質問

室外機の設置方法に関する質問

エアコンを設置する時に問題になってくる、室外機の設置場所についてのご質問をご紹介します。

Q.標準設置の場合どんな置き方になりますか?

A:ベランダやお庭、廊下などに、足元にブラブロックを付けた室外機を設置する方法が 一般的に標準の室外機の設置方法となります。
※一部例外として室内機と室外機で設置する階層が違う場合(室外機が1階で室内機が2階といったパターン)もありますが、室外機は標準の置き方になるのでここでは標準として扱います。

Q.標準以外はどんな設置方法がありますか?

A:代表的な設置方法を4パターンご紹介します

  • 1)二段置き:室外機を上下に1台ずつ置ける専用ラックを利用して一台分のスペースに2台置く方法。
  • 2)天吊り:公団などで良く見られる天井に金具を付けて吊り下げる設置方法。
  • 3)壁面:壁にL字型の金具を取り付けて、そこに室外機を設置する方法。
  • 4)屋根置き:傾斜のついた屋根に金具を取り付けてその上に設置する方法。

基本的には以上のような設置方法があります。

Q.標準以外の設置方法には別途料金は必要ですか?

A:はい、必要です。 エレホームでの料金を参考までに紹介いたします。

設置方法 取り外しの場合 取り付けの場合
1・二段置き 5,500円 金具あり6,600円/金具無19,800円
2・天吊り 5,500円 金具あり7,700円/金具無16,500円
3・壁面 5,500円 金具あり7,700円/金具無16,500円
4・屋根置き 5,500円 金具あり7,700円/金具無16,500円

地域によって料金が変わってきますので詳しい料金については工事予定住所と合わせてお問い合わせください。

Q.エアコン室内機が2階で室外機を1階に置こうと思うのですが取り付け工事は出来ますか?

A. はい、可能です。ただし、2階部屋の裏側にベランダがある場合は、 通常そちらにエアコンの室外機を設置するほうが一番無難ですし、 料金もお安く仕上がります。ベランダがない場合や、スペースを取りたくないという場合は、 1階の地上まで下ろしますが、その場合冷媒配管は平均的に7メートル以上使用しての取り付けになります。

Q.3階以上でも室外機を取り付ける工事は可能ですか?

A. 基本的に取り外し・取り付け工事ともに、3階からは標準工事のみとさせて頂きます。 なお、3階以上でもベランダのある場合や通路側に設置する場合は、室外機天井吊り下げやベランダ内側の壁面取り付け作業については施工可能です。
※3階以上に室内機を設置し、室外機を室内機の設置階より下の階に設置する工事は、対応しておりません。

Q.室外機がギリギリ入る隙間に設置工事してもらう事は可能ですか?

A:状況によってはできません。 エアコンの能力を十分に発揮させるためには、風を取り入れるための隙間が 必要になります。その隙間が十分に取れていないと、取り付けは出来ません。 特に風の出るファンの前は25㎝ほどの余裕が必要となりそれ以下だと熱がこもって エアコンの効きが悪くなるので特に重要です。

Q.エアコンの室外機だけを動かしたいのですが、そういった工事も可能でしょうか?

A:はい、可能です。 工事内容は通常の移設工事と同じ手順になりますので、 工事料金もエレホームキャンペーンエリア内なら脱着7,900円(税抜)が必要となります。 また位置の移動によって配管の延長や交換が必要な場合は別途配管の料金が必要となります。