エアコンの取り付け場所・位置について

  1. Home >
  2. エアコンの取り付け場所・位置について

エアコン室外機の設置場所や室内機の位置関係で料金はほぼ決まる

中古エアコンの取り付け工事が激安中古エアコンの取り付け工事が激安

電話バナー

メール問い合わせ

電話案内バナー

エアコンを取り付ける際、室外機をどこに置くか、またそれが室内機とどんな位置関係になるかが、取り付け費用を大きく左右します。一通りしか方法が無ければ仕方がないですが、選べたら外見と料金のバランスを考えておきたいです。大体のパターンを紹介します。

1、同じ階の部屋外すぐの地面かベランダに置く

直置き

一番無難で、料金的にも抑えられる設置方法です。一戸建てでもマンションでも、スペースさえあれば可能になります。いわゆる「標準工事」がこれに該当する、逆にいうと、これ以外の場合はみんな標準工事でなくなります。


2、上部階から1階まで室外機を下す(立ち下ろし)

一戸建てやアパートで発生する位置関係です。取り付けたい部屋にベランダが無い場合や、ベランダのスペースを取りたくないなどの場合に適用されます。下ろす位置にもよりますが、2階から1階に下ろす場合は、大体冷媒配管を7メートル~8メートル使います。標準設置工事は基本的に4メートルまでなので、長くなる分追加で料金が発生してきます。また、同じように室外化粧カバーを取り付けるなら、長くなるだけ料金も上がってしまいます。 エアコンにもよりますが、配管長が15メートルを超えると効きが弱くなる機種がほとんどです。その場合は冷媒ガスを補充する必要があります。

立ち下し


3、屋根置き

主に一戸建ての2階に取り付ける際に適用されます。屋根置き専用の金具が必要になります。また、同じ屋根でも、室外機を置く向きによっては使用する金具が違ってきます。 ※「屋上」とは違いますので、ご注意ください。

屋根置き1

屋根置き2


4、天井吊り下げ

天吊り

主に公団住宅やマンションで多く見られますが、ベランダのスペースが惜しいというときも採用されています。専用の金具をベランダの天井に取り付けて室外機を設置します。冬場にドレン水が室外機の下部から出るため、専用の接続ソケットで排水ルートを確保しておく必要があります。


5、壁面取り付け

こちらもベランダやスペースの関係で適用される設置方法です。また、天井吊り下げと同じく、排水ルートを室外機の下から引いていきます。ただ、設置したい場所の高さや環境によっては、高所作業が必要だったり、足場がないと設置不可なケースもあります。

壁面


6、二段置き

二段

複数台のエアコンの室外機を専用の二段金具で上下に重ねて設置することで、スペースを確保する手法です。設置する順番によっては、先に入れてたエアコンを取り外して、再度組み直す場合もあります。

電話バナー

メール問い合わせ

電話案内バナー

まとめ

見た目をよくしたい、スペースをエアコンで取られたくない、 地震が起きたときでも安心できるなどなど、お客様のご要望とご自宅の状況に合わせて 弊社ではどちらの設置方法も対応させていただいております。 もしどうしても決められない場合は、現地にて弊社スタッフにご相談いただいても結構ですので、 どうぞお気軽にお申し付けください。 エアコン取り付けの詳細についてはこちら。

フォームでのお問い合わせはこちらから。