ウィンドウエアコン(窓用エアコン)の特徴と取り付け方法

  1. ウィンドウエアコン

ウィンドウエアコン(窓用エアコン)の特徴と取り付け方法

中古エアコンの取り付け工事が激安中古エアコンの取り付け工事が激安


ウィンドウエアコン(窓用エアコン)の特徴

本体価格が安い

エアコン本体を格安で購入できる「価格.COM」で 6畳用のセパレート型エアコンのベーシックモデルで比較してみると、 大体ウィンドウエアコンのほうが8000千円ほど安くなる相場です。 当然メーカーや機種、機能は色々あるので、一概には比較できませんが、 単純に料金面の手軽さでいうと、窓型エアコンも選択肢の1つになります。

設置工事は素人でも出来る

通常のルームエアコンの場合、取り付けには様々な専用工具が必要な上、 ある程度経験がないと失敗するリスクもある為、 基本的には専門業者に行ってもらう必要があります。 対して、ウィンドウエアコンは付属される説明書を読めば、 素人でも設置工事は可能です。使う道具はドライバー、ハサミ、カッターぐらいです。

壁掛けタイプエアコンが取り付けられない環境でも取り付けられる

普通のルームエアコン(セパレートタイプ)の場合、室外機を置けるベランダがないとか、 冷媒配管を通す穴が賃貸住宅や鉄筋コンクリート造で開けられないとか、 取り付けはできるが大掛かりなオプション工事を必要とする為予算が合わないとか、 そういった設置環境に悩まされることはあります。 そこでウィンドウエアコンの場合は、室外機がないため、置くスペースは考えなくても良く、 冷媒配管も使わないので穴を開ける必要はありません。 また、セパレートエアコンのようにドレン水を室外に出さないので、排水ルートも考慮しなくても大丈夫です。

能力について

手軽さやコンパクト性を実現する代わり、性能はセパレートタイプのエアコンより落ちます。 まず容量に関しては、木造部屋で4.5畳用から6畳用の機種が殆どで、 鉄筋コンクリート住宅なら8畳用まで対応でき、基本的にワンルーム向けです。 冷房能力では1.6kW~1.8kWの機種がほとんどです。また、セパレートタイプのエアコンの場合、 「インバーター」という制御方法でコンプレッサー稼働比率を細かくコントロールし、設定温度に達したあとでも安定して室温を保てます。 対して、ウィンドウエアコンはインバーターではないので、切るかフル稼働しかありません。

防犯上のデメリット

簡易的な鍵はありますが、本来の窓の防犯性より劣ってしまうので、 低層階の部屋やマンションの廊下側の部屋での使用はおすすめできません。 また、機種にもよるが、非稼働時に窓を元の位置まで閉めれる場合は必ず閉めましょう。

その他のデメリットについて

運転時の音が壁掛けエアコンより大きいことや、本体で窓の一部が塞いでしまうので、 採光と換気の窓本来の機能が弱くなってしまうといったデメリットがあります。


ウィンドウエアコンの取り付け方法

1、取り付けに関する注意点

  • ・ウィンドウエアコン機体の幅があるので、スライド窓の開き幅(大体窓全体の半分)より小さく無ければいけません。機種と合わせて確認しましょう。
  • ・高さに関しては、ウィンドウエアコン付属の窓枠である範囲の中で調整ができます。下限がエアコンの高さ、上限は1.2m~1.4m程まで(メーカーと機種による)です。それ以上高さのあるテラス窓は別途延長枠で対応できる機種もあります。
  • ・窓の右側に取り付けることも可能だが、基本的には左側に設置します。

2、取り付け方法

メーカーや機種、窓の大きさにもよりますが、大体の手順を紹介します。

  • A、専用窓枠を窓の下辺の溝に差し込み、付属されるネジを締めて仮固定する。
  • B、専用枠の上部を引き上げ、窓の上辺の溝に差し込むように伸ばす。下辺と同じようにネジで仮固定した後、これまでのネジをドライバーで完全固定する。
  • C、エアコン本体を枠の下側の一番奥まではめ込んでから、上側も一番奥まで押してはめ込む。最後に本体と枠用のネジを締めて固定する。
  • D、エアコン排気の為、窓を開けたままのときに隙間から外気や虫の侵入を防ぐために、窓にパッキンを貼り付ける。
  • E、簡易的な鍵を取り付けて、最終仕上げる。(窓にネジ穴を開けて鍵を設置するタイプがあるが、賃貸住宅の場合は大家さんや管理会社に許可を取ったほうが良いです。)