新築でエアコン取り付けをする際の注意点

    > > 新築でエアコン取り付けをする際の注意点

新築でエアコン取り付けをする際の注意点のイメージ

新築でエアコン取り付けをする際の注意点(概要)

 家の新築時には、インテリア、家具や家電の配置など、考えたり悩んだりすることが多いですよね。 そんな中でみなさん意外と忘れがちなのが、エアコン取り付けに関してです。  エアコンの設置場所や設置工事の内容に応じた注意点などがあります。 時には取り返しのつかないような重大なトラブルにつながることもありますので、事前に知識を少し頭に入れておいたうえで、エアコン取り付け専門業者に依頼して取り付け工事をすることをおすすめします。

間取りや設置場所に気を付けましょう

 どこにエアコン取り付けをするべきか、素人の方だとあまり細かく考えたりしないかもしれません。 しかし、間取りや設置場所を考慮して配置することは大切です。 それをふまえてある程度自身で取り付け場所を決めておき、建築士や担当者に相談されるとよいでしょう。
 まず室内機ですが、なるべく窓から近い場所に設置しましょう。外気温は主に窓から伝わってくるため、侵入してくる熱気や冷気をはじめに空調することで、効率よく室温調整ができます。

 また、風が遮られないように、家具の位置との兼ね合いを考えることも必要ですし、部屋の形状にも配慮しましょう。 室内機の真横には風が届かないことを考慮し、いかに風が届かない場所を減らすかがポイントです。
 例えば、部屋が長方形ならば短辺の壁に、 正方形屋の場合は壁の中心に室内機を設置しましょう。 そして室外機の設置場所ですが、外に置くものなので「故障のしにくさ」が大事だと言えます。

 具体的には、風通しの良さと、直射日光が当たらないという2点に注意しましょう。 室外機の設置場所もエアコンの働きに関わってくるので、設置時にはしっかりと検討しましょう。

スリーブ設置工事の注意点

新築でエアコン取り付けをする際の注意点

 エアコン取り付けの工事で最も大きなトラブル要素となり得るのが、「スリーブ設置工事」です。 スリーブというのは、エアコンの室内機と室外機を結ぶ配管を通すための穴です。壁を貫通する工事なので簡単に修復ができませんので、この設置工事を誤ると後々大問題に発展する可能性があります。

 特に戸建住宅の新築時には、住宅購入者がエアコン設置と併せてスリーブ工事も依頼することが多いと思いますので、このスリーブ設置工事がトラブルにつながることがあるということを十分把握しておきましょう。 最も注意したいのは、構造部材の欠損トラブルです。
 スリーブ用穴あけをするときに、住宅構造的にとても大切な構造部材である「柱、筋交い」に穴をあけてしまったり、その部分を欠損してしまったりするといったミスです。 さらにもう1点挙げるとすると、スリーブ勾配を設けることなく設置してしまうというトラブルです。

 スリーブ設置には、エアコンが冷房運転時に排出するドレン水を高低差を利用して流すという目的もあるので、壁の外の方へ排水されるように勾配をつけながら設置することが大切となります。

予算に余裕あれば化粧カバーを取り付けよう

 エアコンの「化粧カバー」の存在はご存知ですか?これまでにエアコン取り付けを依頼したことがある方なら耳にしたことがあるのではないでしょうか。 ただ、化粧カバーの取り付けは有料オプションになるため、あまりよく分からないままに選択肢から外している方も多いかもしれません。
 しかし、想定している予算内に収まるようであれば、ぜひ取り付けされることをおすすめします。 エアコン取り付け時、壁の穴からエアコンの室内機・室外機の位置が離れていると配管の部分が露出するかたちになります。

 この露出した配管部分をすっきりとまとめて覆うのが、化粧カバーで、室内機側と室外機側の2つに分けられます。 化粧カバーを取り付けるメリットは大きく2つあります。
 まずは見栄えを良くすること、そして配管の劣化を防ぐことです。 そのため特に、インテリアにこだわりがありエアコン周りをきれいに見せたい方、数年以上エアコンの買い替えや移設させる予定がなくしっかりと配管を守る必要のある方は検討していただければと思います。