エアコンは取り付け工事費込みのほうが安い?

    > > エアコンは取り付け工事費込みのほうが安い?

エアコンは取り付け工事費込みのほうが安い?

エアコンは取り付け工事費込みのほうが安い?

エアコンを新しく購入する際、現在では主に家電量販店とネットショップの選択肢があります。 価格的にはおおむねネット購入のほうが安い場合が大半です。 しかしネットで購入できるのはエアコン本体だけで、本体とは別にエアコン取り付けの工事業者を依頼する費用と手間が必要になります。 一方、多くの家電量販店ではエアコン取り付けの工事費と本体価格がセットの「工事費込み価格」を導入しています。 果たしてどちらを選んだほうが安いのでしょうか。 ここでは、それぞれのメリットとデメリットについて考えていきます。

工事費込みには何が含まれている?

工事費込みには何が含まれている?

一見、家電量販店より安いように見えるインターネットでのエアコン購入ですが、ネットで購入できるのは基本的にエアコン本体のみで、購入したエアコンの取り付け工事は自分で工事業者を探し、工事費を支払って依頼しなければなりません。したがって量販店の工事費込みエアコンと、どちらが安いか比べるには、ネットで購入できるエアコンの価格に、工事業者の料金を足した額を比較する必要があります。 しかし同じ型番のエアコンでも、量販店の工事費込み価格と、ネットで購入して工事費の安い業者を選んだ場合とでは、後者のほうが安くなるケースが多いようです。 というのも、量販店で工事費込みのエアコンを購入した場合も、実際の取付工事を行うのは、量販店が委託した外部のエアコン取り付けの業者になります。 そして量販店の工事費込みエアコン価格には、エアコンの本体価格と取付業者の工事費のほかに、量販店から工事業者へ注文を行う仲介料が含まれるためです。 エアコン取り付けの標準工事費は、エアコンの性能(消費電力)によって違ってきますが、おおむね一台16000円から22000円程度になります。 また量販店によってもエアコン価格に含まれる工事費が異なり、中にはエアコンの性能ごとの工事費を明記している量販店もあります。

工事費込みが安くなる場合

工事費込みが安くなる場合

家電量販店で工事費込みエアコンを購入する場合も、ネットでエアコンを購入してエアコン取り付けを工事業者に依頼する場合も、明記される工事費用は「標準工事費」になります。 標準工事の内容は、量販店や業者によって違いはありますが、主に室内機設置、平地やベランダへの室外機設置、配管や配線作業、壁の穴あけ一ヶ所、新品の配管パイプ・ドレンホース・連絡電線それぞれ4mまでが含まれます。 そして高所作業に当たる二階への室外機設置など、追加工事や機材が必要な場合は、追加費用が加算されます。 エアコン取付工事業者には、6000円から8000円程度と工事費が極めて安い例もありますが、これは壁の穴や配管パイプなど、すでにご自宅にあるものの利用が前提になっており、機材や工事の追加には別途費用が必要です。 家電量販店では「標準工事費」の工事内容が通常より幅広く、機器の適切な設置や真空引きの実施など丁寧なことが多くなります。 またエアコン交換の際の古いエアコンの撤去、回収費用も割安な場合があります。 これは量販店から工事業者に安定した発注ができる分、業者も工事費の割引が可能になるためです。 ご自宅や工事の条件により、業者に取付工事を頼むと追加費用がかさむ場合は、サービス内容の確かな量販店に頼んだほうが割安で確実な工事が約束されます。

工事費込みが高くなる場合

工事費込みが高くなる場合

家電量販店で工事費込みのエアコンを購入するより、ネットでエアコンを購入し、取付工事業者に依頼したほうが安くなるのは、取付工事がほぼ標準工事の範疇で収まる場合です。 特に、すでにご自宅に壁の穴や室外機の設置台がある、また機材がそのまま使用できる場合は、工事費を割引する業者もあります。 またエアコンを安く購入する方法として、最新機種にこだわらないのであれば、最新より1つ前のタイプ、いわゆる「型落ち」を狙う方法もあります。 型落ちが安くなるのは家電量販店も同じですが、量販店では新機種の発売前に旧式を値引きして在庫限りになるため、ネット購入のほうが型落ちを入手しやすくなります。 ただ、工事業者は工事費用の安さだけでなく、工事後の保証や、室外機、室内機の適切な設置、真空引きなど施工の丁寧さなどを含めたコストパフォーマンスで判断する必要があります。 また、あまりに安い工事費用を謳う業者の中には、機材や追加工事に不当な高値をつけて、最終的には高額な工事費を請求する悪質な業者もあるので注意が必要です。 ネットでエアコン本体を購入し、取付工事業者に依頼する場合、安価でも工事内容に信頼のおける業者を探し出すことが、なにより肝心となります。

まとめ

家電量販店の工事費込みエアコンと、ネットでエアコンを購入してエアコン取り付けの工事業者を頼む方法の、どちらが安くなるかは、ご自宅への取り付けにどのような工事が必要かで違ってきます。 取付工事の無料見積もりが可能な業者や量販店であれば、まず見積もりを出してもらって検討するのもいいでしょう。 またエアコン取り付け工事は、標準取付工事で可能な工事内容をきちんと把握して、価格の安さだけでなく、工事内容の幅広さ、丁寧な施工や保証の手厚さも考慮することが必須になります。 ただ安いというだけで安易に判断しないようにしましょう。

エアコン取り付けが6,400円~ | お引越し移設が7,900円~/ご新築のエアコンなど