2階にエアコンを取り付ける時の注意点

    > > 2階にエアコンを取り付ける時の注意点

エアコン設置までの期間や時間はどのくらい?

2階にエアコンを取り付ける時の注意点(概要)

猛暑が続き、熱中症対策が叫ばれる現代日本。
もはやエアコンは家族の健康を守る生活必需品です。

真夏に自宅のエアコンが故障すれば、 すぐ買い換える必要があります。また自宅のエアコンが旧式のため、省エネタイプに買い換えたいという人も多いでしょう。

家電店では、エアコン代金に「標準工事費」込みのところが多くなっています。ただ、この「標準工事費」には注意すべき点が色々あります。

ここでは主に、2階にエアコンを設置する場合にかかる正確な工事費用について詳しく解説します。

標準工事に該当しない可能性あり

自分でエアコン取付けの失敗例イメージ

現在の大手家電店では、エアコンの価格が、本体プラス標準取り付け工事費のところが多くなっています。

町の工務店でも、エアコン取り付けに定額の標準工事費を掲げる店が多くあります。

ただ注意する点として、この「標準工事」とは、主にエアコンを1階に取りつける、もしくは同階上に特別な設備なく設置する(2階の部屋ですぐ隣がベランダ等)場合を指すことが多い点です。

詳細は店によって違いますが「標準工事」には、使用する配管パイプや電線の長さ、壁に配管穴を開ける費用、室外機を固定する機材などに規定があります。

例えば標準工事に含まれるパイプの長さは4m以内のことが多いようです。
2階に設置するエアコンの室外機が一階にあり、規定を越えたパイプの長さが必要、穴を開ける壁が通常の外壁ではない、その他規定以外の機材が必要になるなど、標準工事の範疇を越えると各種追加料金がかかってきます。

また2階への取り付けで、ハシゴを使った高所作業が必要な場合は、作業員の危険手当が必要になることもあります。 他に、2階への取り付けに限らず、古いエアコンを取り外して設置する場合は、別途、撤去、持ち運び費用、また国に収めるリサイクル費用などが必要です。

工事費に関しては、取り付ける部屋の状況や室外機の位置などを詳しく説明する、実際に現場を見て見積もりしてもらうなどして、正確な工事費を確認することが大切です。

出力の大きい電源に変えるには?

自分でエアコン取付けの失敗例イメージ

エアコンを買い換える際に、気をつけなければらならないのが自宅の契約アンペア数消費電力です。

買い換えたエアコンが、以前のものより消費アンペアが高い場合、それに合わせて電力会社との契約アンペア数を変更する必要が出てきます。 またエアコンには専用コンセントが必要です。

法的な規制はありませんが、エアコンのように消費電力が高い電化製品については、安全性を確保するために、家庭用の分電盤から専用の回路を設置することが推奨されています。

エアコンのコンセントは延長コードの使用が想定されていないため、専用コンセントはエアコンを取り付ける場所のすぐ近くに必要です。 そのため、もしエアコンを取り付けたい部屋に専用コンセントがない場合は、新たに設置工事が必要になります。

エアコンを買い換える際に、以前のエアコンと新しいエアコンの消費電力が異なることがあります。 その場合、新しいエアコンの消費電力に見合ったタイプのコンセントを増設、または元のコンセントから交換する必要があります。

この増設、交換の費用はエアコンの標準工事費とは別途になります。 エアコンを新たに取り付ける、また買い換える際には、新しいエアコンに対応したコンセントが、適切な位置にあるかも確認しておきましょう。

室外機は必ず屋外に設置

自分でエアコン取付けの失敗例イメージ

室外機はエアコン本体との距離が遠い、また通気性が悪い、直射日光を受けるなどして室外機が熱を帯びることで電力効率が落ちます。

すべての条件を満たす場所として、通常は外の条件がいい場所に設置することになります。

ありえない状況ではありますが、室外機を屋内に置いた場合、室外機から出る温風で部屋の温度が上昇し、エアコン自体が作動しなくなります。

また、騒音や排水の問題も出てきますので、屋内への室外機の設置はしないほうがよいでしょう。 エアコンを2階に設置する際には、室外機を1階に設置する場合と、2階に設置する場合があります。

2階の部屋のすぐそばにベランダなど、室外機を設置できれば問題ないですが、そうでない場合は、屋根の上や壁面などに専用の架台を設置して固定するという方法が取られます。

また、上記の設置方法も難しい場合、1階に室外機を設置します。 その場合、パイプなどの延長料金が必要になります。 2階に設置する場合も、専用器具の費用危険手当などが、標準工事費とは別に必要になります。

工事費だけでなく、設置場所の日当たりや通気性などから、もっとも電力効率がよくなる設置場所を考えて選びましょう。

まとめ

エアコンを設置する際の標準工事費は、特別な条件のない家屋の1階、または同階上に設置する場合の費用になります。

古いエアコンの撤去と改修には別途費用がかかる他、新しいエアコンが以前のものと消費電力が違う場合は、配線回路やコンセントの工事費も必要になります。

またエアコンを2階に設置する場合は、室外機をどこにつけるかなどによって、標準工事費の他に、様々な追加費用がかかってきます。

ただ、エアコンは設置してから長期間に渡って使い続けることになる製品です。 目先の工事費だけでなく、電力効率を考慮した工事をしておくことが、長い目で見れば節約になります。

エアコン取り付けが6400円~ | お引越し/ご新築のエアコンなど‎