エアコンを2階に取り付けるときの費用はどのくらい必要?

    > > 2階にエアコンを取り付ける時の費用

エアコン設置までの期間や時間はどのくらい?

エアコンを2階に取り付けるときの費用はどのくらい必要?

2階のお部屋にエアコンを取り付ける工事の費用は、どのくらい必要だと思いますか? 配管穴やエアコン用の専用コンセントがある一般的なお部屋の場合で、新品エアコンの取り付けなら安ければ12,000円程度から、高ければ5万円ぐらいかかることもあります。

この差は、主に室外機をどこに設置するかによって変わってきます。 2階のお部屋でも、室外機を室内機のすぐ裏のベランダや通路に置くことができれば、いわゆる標準工事となり、お安く工事が完了します。

しかしながら、このような環境ばかりではありませんよね。 ベランダが無くて、室内機を1階までおろさないといけない現場なんて標準といっていいほど一般的によくある環境です。業界用語では「立ちおろし」と呼ぶ環境ですが、よくある環境すぎて、一般の方はこの「立ちおろし」も特殊工事ではなく標準工事と勘違いされている方も多いのではないでしょうか?

また、2階の特殊工事の例は他にもあります。 代表的なものとしては次の2つです。

<壁面工事> 室外機を2階の壁面に設置した壁面金具に固定する

<屋根置き工事> 室外機を1階と2階の間の屋根に設置した屋根置き金具の上に固定する それでは、それぞれの工事で実際にどのくらいの費用が発生するのかみていきましょう。

2階に取り付ける際の工事費用の目安

自分でエアコン取付けの失敗例イメージ

まず前提として、新品エアコンの標準取り付け工事(配管4m付き)が13,000円、冷媒配管の延長が1mあたり3,000円の業者が、配管穴や専用コンセントがある2階のお部屋にエアコンを取り付ける場合を想定し算出します。

<立ちおろし工事の場合>
立ちおろし環境の場合、配管は約7mぐらい必要。

新品取り付け工事(配管4m付き):13,000円
配管延長3m:3,000円×3m=9,000円

合計 22,000円


<壁面取り付け工事の場合>
壁面特殊工料を、現場に壁面金具が無く金具も含めて用意する場合15,000円、金具がすでに設置済みの場合7,000円と想定します。

[壁面金具が無い場合]
新品取り付け工事(配管4m付き):13,000円
壁面金具+壁面作業工料:15,000円

合計 28,000円

[壁面金具がすでに設置されている場合]
新品取り付け工事(配管4m付き):13,000円
壁面作業工料:7,000円

合計 20,000円


<屋根置き工事の場合>
屋根置き特殊工料を、現場に屋根置き金具が無く金具も含めて用意する場合15,000円、金具がすでに設置済みの場合7,000円と想定します。

[壁面金具が無い場合]
新品取り付け工事(配管4m付き):13,000円
屋根置き金具+屋根上作業工料:15,000円

合計 28,000円

[壁面金具がすでに設置されている場合]
新品取り付け工事(配管4m付き):13,000円
屋根上作業工料:7,000円

合計 20,000円


これらの工事は、現場環境によっては、高所作業代や危険作業代などが加算されることがありますので、注意が必要です。

現在の大手家電店では、エアコンの価格が、本体プラス標準取り付け工事費のところが多くなっています。

町の工務店でも、エアコン取り付けに定額の標準工事費を掲げる店が多くあります。

ただ注意する点として、この「標準工事」とは、主にエアコンを1階に取りつける、もしくは同階上に特別な設備なく設置する(2階の部屋ですぐ隣がベランダ等)場合を指すことが多い点です。

詳細は店によって違いますが「標準工事」には、使用する配管パイプや電線の長さ、壁に配管穴を開ける費用、室外機を固定する機材などに規定があります。

例えば標準工事に含まれるパイプの長さは4m以内のことが多いようです。
2階に設置するエアコンの室外機が一階にあり、規定を越えたパイプの長さが必要、穴を開ける壁が通常の外壁ではない、その他規定以外の機材が必要になるなど、標準工事の範疇を越えると各種追加料金がかかってきます。

また2階への取り付けで、ハシゴを使った高所作業が必要な場合は、作業員の危険手当が必要になることもあります。 他に、2階への取り付けに限らず、古いエアコンを取り外して設置する場合は、別途、撤去、持ち運び費用、また国に収めるリサイクル費用などが必要です。

工事費に関しては、取り付ける部屋の状況や室外機の位置などを詳しく説明する、実際に現場を見て見積もりしてもらうなどして、正確な工事費を確認することが大切です。

量販店のエアコン本体(取り付け工事費込)には注意しよう

量販店で新品エアコンを購入する場合、取り付け費用込みで案内されていることが一般的ですが、この工事費はあくまで「標準工事であればこの金額で取り付けできます」という料金ですので、立ちおろし工事など特殊作業が発生する場合は追加費用を請求されることになります。 家電量販店などでエアコン本体と取り付け工事のセット料金がとても安くても、環境次第でトータル料金が高額になりますので、購入時にご自宅の環境を伝えて、どのくらいの工事費になるのか前もって確認しておくとよいでしょう。 また、中古エアコンを立ちおろし環境で設置する場合、以前使用していた配管が7mほどなければ長さが足りないため、新しい配管への交換が必要となり、基本取り付け工事代が安い業者でも、新しい配管代だけで21,000円程度かかるということも覚えておいてください。

出力の大きい電源に変えるには?

自分でエアコン取付けの失敗例イメージ

エアコンを買い換える際に、気をつけなければらならないのが自宅の契約アンペア数消費電力です。

買い換えたエアコンが、以前のものより消費アンペアが高い場合、それに合わせて電力会社との契約アンペア数を変更する必要が出てきます。 またエアコンには専用コンセントが必要です。

法的な規制はありませんが、エアコンのように消費電力が高い電化製品については、安全性を確保するために、家庭用の分電盤から専用の回路を設置することが推奨されています。

エアコンのコンセントは延長コードの使用が想定されていないため、専用コンセントはエアコンを取り付ける場所のすぐ近くに必要です。 そのため、もしエアコンを取り付けたい部屋に専用コンセントがない場合は、新たに設置工事が必要になります。

エアコンを買い換える際に、以前のエアコンと新しいエアコンの消費電力が異なることがあります。 その場合、新しいエアコンの消費電力に見合ったタイプのコンセントを増設、または元のコンセントから交換する必要があります。

この増設、交換の費用はエアコンの標準工事費とは別途になります。 エアコンを新たに取り付ける、また買い換える際には、新しいエアコンに対応したコンセントが、適切な位置にあるかも確認しておきましょう。

特殊工事が発生する環境なら『ウインドエアコン(窓用エアコン)』も検討してみよう

室外機のイメージ

2階で特殊工事が発生するお部屋の場合、6畳ぐらいのお部屋であれば、一般的なセパレートエアコン(室内機と室外機に分かれているエアコン)ではなく、ウインドエアコン(窓用エアコン)も検討されるとよいでしょう。 ウインドエアコンなら、1つの本体を窓にはめ込むだけの簡単取り付けですので、穴を開けたり、配管を接続したり、屋根の上や壁に室外機を取り付けたりする必要がありません。DIYなどが得意な方であれば、特別な知識や技能を必要とせず取り付けできますので、単純にエアコン本体代のみでお部屋に冷暖房を導入できますよ。

工事前にご自宅の環境を確認しておこう

エアコンの取り付け場所が2階になるだけで、様々な状況が想定されます。 ご自宅がどのような環境で、どのような工事が必要なのか、ある程度事前の知識があれば、いざ工事となったときの突然の追加費用に対する心構えもできますし、別の取り付け方法を考えるなどの対応もできます。 ぜひエアコンを2階に取り付けられる場合は事前の確認をお忘れなく エアコンを設置する際の標準工事費は、特別な条件のない家屋の1階、または同階上に設置する場合の費用になります。

古いエアコンの撤去と改修には別途費用がかかる他、新しいエアコンが以前のものと消費電力が違う場合は、配線回路やコンセントの工事費も必要になります。

またエアコンを2階に設置する場合は、室外機をどこにつけるかなどによって、標準工事費の他に、様々な追加費用がかかってきます。

ただ、エアコンは設置してから長期間に渡って使い続けることになる製品です。 目先の工事費だけでなく、電力効率を考慮した工事をしておくことが、長い目で見れば節約になります。

エアコン取り付けが6400円~ | お引越し/ご新築のエアコンなど‎