自分でエアコン取り付け作業をした失敗談

    > > 自分でエアコン取り付け作業をした失敗談

自分でエアコン取付けの失敗談のイメージ

自分でエアコン取り付け作業をした失敗談(概要)

 エアコン取り付けや取り外しを業者に依頼すると高い!ということで、自分で工事をしてしまう人が多くいます。 ネットでは工事の仕方の動画を簡単に見つけることもできますし、道具もホームセンターでそろえることができます。
 もしもうまくいけば工事費用の数万円浮かすことができますが、失敗して取り付けを依頼するだけよりも高額な費用がかかってしまったという人もいるようです。 自分でエアコン取り付けをしておこった失敗にはどのようなものがあるのでしょうか。

真空引きがうまくできない!

 真空引きとは、配管内の空気を抜き、真空状態にすることです。 何故真空にする必要があるのかというと、真空でないとエアコンがうまく動かないということと、故障の原因にもなるからです。
 真空にすることで冷媒ガスがうまく循環できるようになります。 真空引きをするには真空ポンプが必要になります。 冷媒専用の道具が必要なことに加え、ここの工程で冷媒のガスが抜けてしまうミスが起こる可能性があります。

 ガスが抜けると、冷房が効きにくくなり、最悪の場合業者を呼んでガスを充填しなくてはいけません。 冷媒ガスの充填費用はガスの種類にもよるが、大体2万円以上はかかります。 費用が多くかかってしまうのであれば、エアコン取り付けを業者に依頼したほうがお得です。
 ちなみに冷媒ガスの充填も自分でできる!と動画でやり方が紹介されていますが、専用の機材を揃える必要もありますし、冷媒ガスも買わないといけません。 さらに不備を起こす可能性を考えると、初めからエアコン業者に依頼する方が賢明でしょう。

冷媒配管を途中で折ってしまった

自分でエアコン取付けの失敗例イメージ

 エアコン取り付けの冷媒配管の取り付けをする際、通常の手順は冷媒配管を室内に引き、取り付けた据付板にエアコン本体を仮付けしておいて、冷媒配管とエアコン本体からでている冷媒配管を繋ぎます。 その後、冷媒配管をテープで巻き、エアコンの裏側にまとめます。それに這わせるようにして、室外機用のコードも外に出すようにします。

 この間に冷媒配管を折ってしまうことがあります。 折れてしまうと新しい冷媒配管の購入が必要になります。必要な冷媒配管の長さや種類により価格は異なりますが、出費がかさむことに違いはありません。

 それに、冷媒配管がすぐに手に入らないことも考えられます。こうなるとエアコンの取り付けが終わるのが翌日以降になってしまう可能性もあります。 また、どこまで行っているかでも変わりますが、折れたことで冷媒ガスが漏れてしまうこともあるようです。 冷媒ガスは先ほどご紹介の通り、業者に依頼しても、自身で何とかしようとしても手間とお金がさらにかかってしまいます。

冷媒ガスが漏れてしまった

 冷媒ガスはエアコンが効率的に部屋を冷やすのにかなり重要な役割があります。 これがないと電源を入れてもなかなか冷えません。 エアコン取り付けを自分で行って、もっとも多い失敗談が冷媒ガスの漏れです。 冷媒ガスがもれる箇所として、フレア接続部があります。
 ここのバルブの締めが緩くても、逆にきつすぎてもガス漏れが起きてしまいます。 きつく締めておけば問題ないであろうと思ってできるだけきつく締めようとして失敗することがあるようです。 また、締める際に異物が挟まって、きちんと締められていなかったということもあるようです。

 後者は気をつければ防げるミスかもしれませんが、適切な締め具合というのは専門家でないとわかりにくい部分です。 逆にバルブをきつく締めて、フレア接続部が破損してしまうとその部分の部品代がかかるだけでなく、冷媒ガスの充てん費用も必要になります。
 冷媒ガス漏れの対処方法もネット上に動画で紹介されていますが、すぐにエアコン業者に説明し、修理してもらう方が無難といえるでしょう。


自分でエアコンを取り付けるリスクと注意点

 節約志向が強い人が増えているせいか、エアコンの取り付けを自分で行った方が安い!と考える人も多くなりました。 取り外すだけであれば、ある程度の専門知識や道具があれば可能かもしれません。
 しかし、自分でエアコン取り付けをするといくつかのリスクが発生してしまいます。 どのようなリスクや注意点があるのかみていきます。

素人では危険を伴うエアコン取付け

 本来エアコン取り付けには専門的な知識が必要で、手順や注意点があります。 ですので、素人がエアコン取り付けを行うと様々な危険が伴います。
 考えるリスクの1つ目は配管パイプです。 室外機と室内機を配管パイプで接続する際、締め方を緩くすると、空調機の冷媒ガスが漏れやすくなります。 しかも冷媒配管の施工を誤ってすると、ガス漏れの原因になり、エアコンの効きが悪くなってしまいます。

 2つ目のリスクはエアコンの排水を通すためのドレンホース部分です。 このドレンホースは、材質によって使用できる接着が異なり、対応していない接着剤を使用すると後々トラブルが起きやすいので注意が必要です。 ドレンホースが原因するトラブルは、例えば管がつまって室内機から水がポタポタと垂れたり、虫が侵入したり、異音がすることもあります。

 3つ目のリスクは真空引きの工程です。 ここの工程を誤ると、エアコンの電力効率低下で室内機から冷たい風を送れなくなるのと、最悪の場合故障を引き起こす可能性もあります。

配管を取付ける際に考えられるリスク

配管のイメージ

 エアコンの取り付けは室外機とエアコンを配管で繋ぐ事が不可欠です。 この配管の取り付けはエアコンが正常に作動する上で非常に大切な工程となります。 この配管を取り付ける際に考えられるリスクにはどういったことがあるのでしょうか?
 まずはフレア加工する際に水などが入ってしまうことです。室外機を設置場所に置いた後に、配管を切断し、管の中の銅管の先端をラッパ状に広げ、加工し、配管の接続を正しくできるようにします。 もしも中に水などが入ってしまうと、室外機の内部をガスで満たすことが困難になり、空調の電力効率が低下する可能性があります。
 どの配管も正しくきちんと接続されるべきなのですが、接続が緩くなると、空気が漏れて次の工程が正しくできなかったり、冷媒ガスが漏れてしまったりする可能性もあります。 また、接続だけでなく、管の締め付けも同じく重要で、締め付けが緩いと同様に空気の漏れやガスの漏れを引き起こす可能性があります。

 このような配管の取り付けに不具合があると、結果的に冷房代が高くなるだけでなく、ガスの充填が必要になるなど取り付け業者に頼むよりも高い費用がかかってしまうこともあります。

手間とリスク回避を考えると業者選択が吉

 このように、エアコン取り付けは自分自身でやると様々なリスクがあり、それらを考えると業者に任せた方が最終的にお得になることが多いです。 自分でエアコンを取り付けて、うまく作動しなかったら、その分また費用がかかってしまいます。
 また、自分でうまく取り付けることができても、数年経ってでてくるリスクもあります。 例えば、エアコンが故障した場合、エアコン業者が取り付けてくれていれば保証が付いてくることが多いですが、自分で取り付けた場合、保証がついていないためその分故障の修理費用が高くなることも考えられます。

 また、エアコン買取を希望する場合、自分で取り付けたものは見えない所に欠陥があったり、ガスが漏れていたりする可能性があるため、エアコン業者が取り付け・取り外しをしていないエアコンを買い取りしてくれないリサイクル業者もいます。 そして一番のデメリットが時間です。
 業者に依頼すれば2時間もかからず取り付けてもらえます。 自分でするとなると2時間以上かかることも考えられますし、ご紹介したリスクも十分にあります。 そのため、自分で確実にエアコンの取り付けができるという技術と覚悟がある方以外は、エアコン業者に依頼するのが良いです。

エアコン取り付けが6400円~ | お引越し/ご新築のエアコンなど‎