設置したエアコンを引越しで取り外すには?

    > > 設置したエアコンを引越しで取り外すには?

設置したエアコンを引越しで取り外すには?(概要)

設置しているエアコンを引っ越しの際に外して、新居でも使いたい時、取り外す方法としては自身で外すか、引っ越し業者や家電量販店に依頼するといった方法があります。

前者は、取り外し費用は掛からなくなるので安く済みますが手間がかかります。
後者は楽ができますが取り外し費用がかかります。

安くすむなら自分で外す!と考える人は多いようですが、本当に安上がりなのでしょうか?

双方の特徴を紹介していきたいと思います。

自分で取り外す方法

自分で取り外すのは慣れた人でないと、時間がかかることもあります。

今ではネットで検索すれば「設置の仕方」「取り外し方」の動画も出てきますし、必要な機材の種類もすぐにわかります。

そういったこともあり、普段機械に触れる機会が少ない人も動画を見ながらエアコンを取り外す人も多いようです。

しかし、素人によるエアコンの取り外しは金銭面以外でのデメリットや危険が付き物です。

トラブルなく取り外しができれば取り外し費用はほぼ0円で済みますが、冷媒の漏れが起こると、新居で使おうにもガスを入れなければ部屋を冷やすことはできません。

このガスはネットでも購入は可能ですが、余計な手間が増えますし、引っ越し先で業者に依頼すると2万円以上かかることが多いです。

また、素人が外すことで、気づかない内にエアコンに不備がでてくるリスクがあります。

その為、売却するにしてもリサイクル店や中古屋では、取引してもらえなかったり、価格が少し下がったりすることもあるようです。
引っ越しの時は何かと荷造りの作業が大変で時間がない時でもあります。

慣れないエアコンの取り外しに時間を大幅に使うよりも、業者に依頼して手早く外してもらうのも時間の節約になります。

引越し業者や家電量販店に依頼する注意点

引越しを依頼している業者に依頼したり、家電量販店に依頼したりする方法は、当然取り外し費用がかかります。

エアコン本体や設置場所周辺の壁に傷がつく事の心配はしなくて済みますし、何より素人がするよりも手早く取り外しをしてもらえます。

その為、技術面での心配は一切無用です。
但し、業者に依頼する時に注意したいのが、取り外し費用の明細です。

引っ越し業者によっては季節により変動するケースもあり、取り外しと新居での取り付け料金として1台あたり約15000円です。

しかし、これはトラブルなく施工ができた時の料金です。

例えば新居にエアコン用の配管の穴がなかったら開けないといけませんし、また室外機を置く場所がなく、屋根に乗せないといけない、追加で部品を購入して設置しないといけなくなると、追加料金が発生します。

大抵の場合、自分が部品を買ってするよりも高い料金が上乗せになるので、結果的に1台あたり25000円ほどの費用が発生するケースもあるようです。

業者に依頼する場合は、予め見積もりを取った上で料金の把握をしておくべきです。

やっぱり専門業者が安心?

費用はできるだけ安くしたいものですが、引っ越しの時のエアコンの取り外しは専門業者の方が安心ではないでしょうか。

依頼している間の時間を有効に使う事が出来るのは大きなメリットです。

次に、失敗なく外してもらえるので安心ですし、新居への取り付けもわざわざ別の業者へ依頼する必要もありません。

仮に自身で取り外しや取り付けを行った場合、冷媒が抜けてしまう、あるいは水漏れを起こしてしまうことは意外と多いです。

それを防ぐ為にも専門業者に依頼するのがベストです。
ちなみに冷媒漏れや水漏れがあるとエアコンが動作しなくなるので、工事を行ったのが無駄になります。

それでも出来る限り費用を抑えたい!という時は、取り外しと取り付けを専門業者に依頼し、引っ越し業者には移動のみを依頼するとトラブルが少なく費用を抑えやすいようです。

引っ越し前と引っ越し後に近所の家電量販店やインターネットで専門業者を事前に探して置くことでスムーズに設置が出来ます。

まとめ

エアコンの取り外しや取り付けのやり方だけならば、ネットの動画を参考にすることもできますが、作業中の不備により結局業者に依頼すればよかった!
となるケースも少なくはありません。

また、引っ越しの負担を軽くすることもできますし、技術が確かな業者に依頼すると何かと安心です。

節約することも大切ですが、時間が足りなくなって出費がかさむ引っ越しの時こそ、業者に依頼する方が賢明なのかもしれません。

エアコン取り外しが4,900円~ | お引越しのエアコン7,900円~