安全に無料でエアコン廃棄する方法

    > > 安全に無料でエアコン廃棄する方法

安全に無料でエアコン廃棄する方法

安全に無料でエアコン廃棄する方法(概要)

エアコンに限らず、一部の家電製品を廃棄する時にはリサイクル料として数千円の出費があります。

「捨てるのにお金がかかるなんて!」と思う方も多いです。

そこで今回、安全に無料でエアコンを廃棄する方法をご紹介します。

リサイクル料金が発生しない方法、無料で業者は損しないその理由、そして注意したい業者選びの3つのポイントから説明いたします。

リサイクル料金が発生しない方法とは

リサイクル料金が発生しない方法とは

エアコンを廃棄する際、リサイクル料金が発生しない方法はいくつかありますが、一つは無料で不用品回収してくれる業者です。

不用品回収業者の中でもリサイクル料を支払わないと回収してくれない場合もありますので、無料と明記している業者をインターネットで探してみましょう。

また、本来有料でも、他にまとめて出す際に交渉して無料にしてもらうことも可能なケースもあります。

不用品回収をまとめてお願いしたいという人は相談してみるのもいいかと思います。

2つ目は、比較的新しいエアコンでしたら買取に出すこともできます。

5年以内の製品でしたら買取してもらえる可能性が高く、古くても無料で引き取ってくれる場合もあります。

もし買取に出されるのでしたら、できる限り綺麗に掃除して出すことをお勧めいたします。

例えばフィルターの埃を掃除機で取る、室内機本体を軽く拭くなど、室外機は汚れていることが多いと思うので無理のない範囲で汚れを落としましょう。

なぜ無料回収してくれるのか

なぜ無料回収してくれるのか?

買取業者ならまだしも、なぜ無料で回収できるのでしょうか。

その理由の1つはエアコンをそのままでなく、部品にして売りに出しているからです。

特にエアコンの室内機と室外機を結ぶ冷媒管が銅で出来ており、高値で取引されています。

一時、銅線が盗まれるという事件が多発しましたが、その時々の情勢によってはかなりの高値での取引がされているようです。

エアコンの冷媒管は4m前後のものが多く、そこだけでも1000円前後の利益が見込めるようです。

また、一般的にエアコン1台で3000円ほどの利益がでると言われています。

2つ目の理由として、エアコンを海外に輸出している業者もあります。

まだ使えても日本なら買い替えするような古いものでも、海外では需要があるので、廃棄せず売買することで利益を得ています。

無料で引き取りしてくれるところはこれらの理由によって取引してくれています。

しかしエアコン本来の再利用ではなく、金属として売るのはリサイクル法に反するので注意が必要です。
また、海外に中古品として輸出するには、複雑な認可手続きを取得する必要がありますが、このような手続きを取らず違法にスクラップ品として輸出する業者もあります。

こんな業者は要注意!

無料回収業者には要注意

無料で回収してくれる業者でしたら、こちらとしてはうれしいものですが、業者によっては違法な事をしていることがあるので注意しなくてはいけません。

さきほどお伝えの通り、エアコン自体は利益になるので不法投棄になることはほとんどありません。

しかし、回収後の管理の仕方、利益の得方によっては違法になることもあります。

例えば、エアコンの内部にある、フロンガスが空気中に漏れると環境破壊の原因になるので、廃棄する場合、この冷媒ガスの回収を行わないといけません。

しかし、悪徳な業者ですと、ガスの回収を行わずに解体していることもあります。

また、明らかにレアメタルの再利用目当ての海外の会社にエアコンを輸出するということもリサイクル法により禁止されています。

海外でエアコンとして再利用される場合は違法ではないのですが、解体する場合はリサイクル法により日本国内のメーカーが責任を持って資源を回収しなくてはいけないと決まっています。

まとめ

エアコンの回収・廃棄の方法としては無料で回収してくれる業者を探すか、リサイクル店などに持ち込み買取してもらうかの2つがあります。

業者は無料で回収しても損することはありませんが、きちんとした業者に依頼しないと、違法性のあることに使われる危険があります。

あなた個人とその違法性のあることとが直接結びつかなくても、環境保全や資源の国内での有効活用のためにも業者選びには気をつけましょう。

エアコン取り外しが4,900円~ | お引越しのエアコン7,900円~