アパートでのエアコン取り外しの注意点

    > > アパートでのエアコン取り外しの注意点

アパートでのエアコン取り外しの注意点

アパートでのエアコン取り外しの注意点(概要)

アパートに住んでいるが引越しをすることになった。
その際にエアコン取り外しの必要が出てしまった時に、注意しておかなければいけないポイントがあります。

大家さんとのトラブルに発展したり、余計な費用を請求されたりしてしまうことのないように知っておきたい注意点についてまとめていきます。

現在アパートに住んでいるという方や引っ越しを検討している方、いざという時のためにぜひチェックしておいて下さい。

取り外しの発生する費用の負担先

壁紙はどうする?

基本的に取り外しをするためにかかる費用は借りている人が負担することになります。

自分で購入して設置したものであれば契約する際に、特別な記載がない場合には全て借りている人が支払います

ですがもし引越しをする際に新しい家では新しく購入したものを使用する予定で、古いものは処分したいという場合には大家さんに相談してみましょう。

場合によっては設置したままにしても良いと言ってくれる場合もあります。
そうなれば取り付けや取り外し工事にかかる費用を払う必要がなくなりますので、負担が軽くなります。

また初めから部屋に備え付けてあったものが故障したので新しいものに交換するために取り外しを行うというのであれば、エアコンは大家さんの所有物となりますので費用は大家さんが負担することになります。

取り外しの発生する際にはもともと誰の所有物であるのか、契約はどのようになっているのかによってだれが費用を負担するのかというのは変わってきます。

退去時の修繕費はどちらが負担するのか?

開いた穴はどうする?

退去する際に修繕が必要となった場合、その費用はどちらが負担するといったことは決められているのでしょうか?

国土交通省では賃貸住宅で退去する際にトラブルになることを避けるために、国土交通省が定めたガイドラインがあります。

それによると経年劣化や通常の生活をするうえで消耗したものなどの修繕費は大家さんの負担になるということが決められています。

そして借りている人は故意に行ったことや、注意不足によって引き起こされてしまった消耗は借りた人の負担で修繕を行う必要があるとされています。

そして退去時のエアコンの修繕費については、一般的に大家さんが負担をすることになります。

ただし、借りている人が全く掃除をしなくて壊れてしまったり、水漏れを放置したことによって壊れてしまったりなど明らかに借りている人の管理不足が原因で修繕が必要となっている場合には、費用は借りている人が支払うことになります。

実際にあった取り外し時のトラブル

取り外しと一緒にやってくれる業者もいます パテで塞ぐのか? キャップなどオプションで対応か?事前に処理方法を確認

実際に多いものとしては、敷金から修繕費用を減額されてしまったというものです。

取り外した後の穴や壁紙の傷、ビスの跡などを修繕するための費用としてかなりの金額を敷金から引かれてしまうということがあります。

もちろん通常の使用の範囲内に起こってしまうものですので、本来は借りている人の方には支払いの義務はありません。

ですが、あくまで定められているのはガイドラインであり法律ではありませんので、絶対大家さんが支払うものであると決められているのではありません。

そこでどちらが負担するべきなのかということでトラブルになってしまうのです。

こればかりは大家さんの考え方によるところが大きいですので、契約する際に契約書にはどのように記載されているのかを必ず確認するようにしましょう。

またもし細かいところまで記載されていないのであれば、どういったケースの場合には借りている人に支払い義務があるのかということをきちんと質問して明らかにしておく必要があります。

まとめ

今回はアパートでエアコンの取り外しを行う際の注意点についてご紹介しました。

どちらが費用を負担するのかということは、トラブルの原因になることが非常に多いので必ず契約書で双方の確認をしておくこと、そしてそれを書面できちんと残しておくことが必要になります。

知識がなければ、大家さんの提示してきた条件をそのまま鵜呑みにして費用を負担せざるをえなくなってしまうということもありますので、どういった時には自分が支払うべきなのかなど基本的な知識を事前につけておくことで自分を守ることができるようになります。

エアコン取り外しが4,900円~ | お引越しのエアコン7,900円~