エアコン専用コンセント|エレホーム用語集

  1. エアコン工事TOP >
  2. エレホーム用語集
  3. エアコン専用コンセント:エアコン取り付け・取り外し用語集|エレホーム用語集

エアコン専用コンセント

エアコン取り付け専用コンセントイメージ

 エアコン設置の時に必ず必要となりどこの施工業者でも必ずあるかどうかを 確認する。エアコン工事の大前提となる項目の一つです。 ですから、ほぼ間違いなく聞かれる「専用コンセント」。 何故、どんな理由で必要なのかそれをご紹介します。

専用コンセントってどんなもの?

専用コンセントってどんなもの

 簡単に行ってしまえば、ブレーカーからエアコン専用の回路が引かれているコンセントで、 使用エアコンの電圧によって、100Vと200Vの場合があり、一台に一専用回路・コンセントが原則になります。
 エアコンの基本スペックである「冷/暖房能力」(2.2kW、4.0kWなど)をその機種の電気効率(COP)で割れば実際の消費電力が分かるが、一般家庭の電線回路に対して負荷の大きい家電になるので、他の照明などの回線とは独立した回路を設置する必要があります。

何で専用のコンセントがいるの?

 一番の理由が火災の原因となる可能性が有るといった、「安全を守るため」にも規定に従った施工が必要ということが一番の理由です。
先ず一つは先で少し触れましたが、エアコンは負荷が大きな家電ですので、他の家電と併用するとブレーカーやコンセントに負荷が掛かったり、最悪火災の原因となる可能性があるからです。
 これについては各メーカーや電気工事に関する施工規則があるのでそれに元図いたものとなります。
 また、本体の保障の観点からも使用規則にのっとった取付方法をすることで万が一何か起きても、保障される・されないの差が出てきてしまうので守りましょう。

数年間なら、そこまで厳しくなく、 通常コンセントから延長ケーブルでエアコンに電気を 供給して行っていた時期もありました. しかし、主に上記の理由で現在は自主的に、 専用コンセントが無いと取り付けしないようにしています。
また、専用でないと、エアコンの使用中にブレーカーが 落ちてしまう可能性も上がり、生活の面から考えても不便になります。

専用コンセントが無かったらエアコンはあきらめるしかないの?

専用コンセントってどんなもの

 もちろんそんなことは無く、ブレーカーに空きがある等の条件がそろっていれば 専用のコンセントの増設工事は可能です。 料金は相場で12000円~20000円ぐらいが一般的な価格です。
条件としては、ブレーカーに空きがあることが前提となり、 そうでなければ分電盤ごと取り替える必要と場合によっては 供給される電気の契約も変更する必要があります。
増設するにしても後からの増設となるので配線はブレーカーよりむき出しで通す形になる 事が多いです。
また、マンションやアパートの場合、出る時に原状復帰させる義務があるので その時の費用などを考えるとこちらも通常の電気工事会社では手におえない状況が多いです。

100Vのところに200Vのエアコンは設置できるの?

 結論から言うと電圧が足りない場合、大きい場合は取り付けても 、動かなかったり、故障の原因となるので必ず、エアコン本体に合った 電圧に調整してください。電気屋さんに頼めば間違いなく工事はしてもらえるものです。なお、この工事に関しては資格が必要となるのでで自分でやろうとせずに専門業者に頼んでください。

コンセントにいくつか種類があるみたいだけど?

先ずエアコン専用のなら100v・200vいずれかの電圧がありそれに対応してコンセントの形状も変わってきます。

コンセント種類一覧

上の画像のようにコンセントの口を見てもらえば何アンペアで何v対応の物かがわかるので、 新しくエアコンを購入する時や、新しい場所に取り付ける時等には事前に確認しておいてください。

まとめ

設置を考える前にコンセントの事を知っておくことで、 工事の時にトラブルを回避できますし、せっかく買ったエアコンが 取り付けられないという最悪の事態を回避する事にもつながるので 必ず確認してください。
もちろんエレホームでも増設工事や電源切り替えコンセント交換等のを 行っておりますのでコンセントが無い、電源を切り替えたい場合は、ご相談ください。