マルチエアコン|エレホーム用語集

  1. エアコン取り付け工事TOP >
  2. エレホーム用語集
  3. マルチエアコン|エレホーム用語集

マルチエアコンとは

マルチエアコン

  一台の室外機に対して、2台以上の複数台の室内機を持つエアコンのことを言います。 家庭用と業務用がありますが、通常の1対1のエアコンではなく、 マルチエアコンを採用するメリットとデメリット、または現場の規模からして、業務用のケースがほとんどです。 作動の原理は普通のエアコンと同じだが、電源系統とエアコンの運転負荷がすべて一台の室外機にかかるので、 室外機が大きくなりがちというのも確かです。

マルチエアコンのメリット

  マルチエアコンの最大の魅力は何と言っても1台の室外機にまとめるので、 設置するスペースと手間を抑えることが出来ます。 それに伴い、見た目的にもすっきりした外観に仕上げられます。 また、一部のメーカーの一部機種ではあるが、つなげる室内機の種類を変えることができ、 例えば、普通の壁掛けタイプ+天井埋め込みタイプ+床置きタイプ、 といった多彩な組み合わせで建物の構造や利用者のニーズに合わせることができます。

マルチエアコンのデメリット

  マルチエアコンのデメリットとしては、同時に室内ユニットを稼働させた場合、 負荷が1つの室外機に集中するため、各単体の効きが弱くなる恐れがあります。 また、室内機が1つでも故障すると、それだけの入替はなかなかできず、 基本的にフルでの更新になるので、コスト面から見て故障やメンテナンスに不利ということになります。 特に家庭用では、そもそも選択できる機種も少なく、後継や代替を検討できる余地が年数が経てば経つほど少なくなると言えます。

マルチエアコンの工事費

  基本的には、マルチエアコンの室内機の台数で、取り外しや取り付けの工事費用が決まります。 例えば、2台組のマルチエアコンは室内機が2台なので、取り外し時も取り付ける時も、 通常の壁掛けルームエアコンの2台分の工事費がかかります。また、マルチエアコンの特性上、 見た目の為であったり、室外機から遠く離れた部屋にエアコンを付けたりと、隠蔽配管になる可能性が高く、 その際の隠蔽配管工事費も別途発生します。