雨の日など、工事ができないことはあるのか?|エレホーム

  1. エアコン工事TOP >
  2. エレホームニュース>
  3. 雨の日など、工事ができないことはあるのか?

雨の日など、工事ができないことはあるのか?

持ち家の場合(分譲マンションを除く)

雨のひに工事は出来ないの?

雨天や強風の日など荒天時のエアコン工事は、別の日で日程調整をさせていただくことがあります。 主な理由としては下記のようなことがあげられます。

屋根の上での作業が必要な場合

屋根上作業は雨水や風で滑りやすくなり危険をともないます。たとえ雨がやんでいても屋根が乾いていないと延期になることがあります。

はしご作業をともなう場合

室内機2階、室外機1階地面置きなどの立ちおろし工事の場合、はしご作業が必要となり、荒天時は危険のため延期になることがあります。

冷媒配管の接続部分や電源接続部分が濡れてしまったり、配管の中に水が入ってしまう恐れがある場合

冷媒配管の中に雨水が入ってしまうとエアコン使用時に凍結し、エアコンの効きが悪くなったり、エアコンの寿命を短くしてしまう可能性が高まります。雨が入ってしまったときは真空引きの時間を長くし乾燥させますが、通常時よりも倍以上の時間がかかることもあります。

マンションなどでベランダに屋根があり雨の吹き込みを防げる場所であれば、荒天時でも問題なく作業できることがありますが、戸建地面置きで屋根が無い環境、屋根上作業、はしご作業などは危険性が高まる、また、冷媒配管や機器が雨で濡れることによる故障を防ぐために、延期を案内する場合があります。

天候は予測がつきにくく工事が延期になることがありますので、工事完了の期限が決まっている方は、期限の直前日ではなく余裕をみて希望日をご連絡をいただけますと、不測の事態に対応しやすくなります。
もし延期になった場合は、あらためて工事日の調整でご連絡します。