エアコン取り付け工事の相場と料金の内訳|エレホームニュース

  1. Home >
  2. エアコン取り付け工事の相場と料金の内訳|エレホームニュース

エアコン取り付け工事の相場と料金の内訳

1、エアコン取り付け工事の相場

エアコン取り付け工事の相場

 家電量販店や、インターネットショップで新しいエアコンを購入したときよく「標準設置工事」という言葉を目にします。 また、引越しでエアコンを新居に移設する際も、取外しと取付けが発生します。 実は、新品エアコンか既存エアコンかで、取り付けの相場が違ってきます。一般的な相場では、
・既存エアコンの取り付け:8000円(税抜)から
・新品エアコンの取り付け:14000円(税抜)から
・ウィンドウ(窓用)エアコンの取り付け:8000円(税抜)から となっています。

 人口に比例して、仕事量がある都市圏になればなるほど一件当たりの料金が安くなることとなります。 専門の工事業者が集まりやすいということもあり、価格破壊が起きやすいので、 都市部でエアコン工事を依頼する場合交渉すればさらに値引きをしてくれる可能性が高いということですね。

2、エアコン取り付け工事の内訳

エアコン取り付け工事の相場

 では、同じ「エアコンの取り付け」でも、中古と新品は何が違うのか?また、よく聞く「標準工事」とは一体何が含まれているの?

A、新品と中古の違い

 初めての人はほとんど知らないと思いますが、新しいエアコンを買ったとき、エアコンの室内機と室外機しかなく、 それだけではエアコンは設置できません。冷媒配管や電線、ドレンホース(排水管)などを 施工業者が用意することになっています。一方、既存エアコンを移設する場合はそういった材料は揃っている為、 基本的にそれを再利用する工事となります。その材料費の違いで、新品と中古の取り付け基本料金が違います。

B、「標準工事」の内訳

 販売店や購入したときのプランによって、標準設置工事が込かそうでないかの違いはあるが、 工事の内容はどこでもほぼ一緒です。
 ・冷媒配管4メートル(連絡電線とドレンホースと一式)
 ・プラスチックブロック(室外機の足)1組
 ・室外機はすぐ裏手の大地・ベランダ置き
 ・配管類はテープ巻き上げ仕上げ
となっています。これ以外の工事項目は追加工事となります。 例えば、外見をキレイに見せる外側の化粧カバーは9000円(税抜)から、 冷媒配管の延長は1mあたり3000円(税抜)から、 金具を使って室外機を屋根置きや天井吊り下げにする場合は15000円(税抜)からなどの追加料金があります。

エアコン工事の相場と内訳に関するQ&A

Q:ホームページに表示される料金のほかにかかりますか?

A:ホームページに表示している料金はエアコン工事の基本料金となります。 そのほかに地域によっては出張料金、 設置の条件によっては追加工事が発生する場合があります。

Q:中古エアコンの取り付けに配管は付いてますか?

A:中古エアコン取り付けの場合、既存配管を出来るだけ再利用するので、 それが使えないということがない限り、新しい配管を付けることはありません。

Q:隠蔽配管は標準工事に含まれますか?

A:隠蔽配管は特殊な設置条件であり、場合によっては専用の部材も必要になる為、標準工事に含まれていません。

Q:移設の場合、エアコンの運搬は料金に含まれますか?

A:基本的に取り外しと取り付けの施工のみで、家電の運搬は基本料金に含まれていません。

Q:化粧カバーは付けたほうが良いですか?

A:見た目がキレイになるほか、日当たりや雨風が強い箇所であれば、配管のテープの劣化が早いので、化粧カバーは役に立ちます。