エアコンを移設する?新設する?の見極め方|エレホームニュース

  1. Home >
  2. エアコンを移設する?新設する?の見極め方|エレホームニュース

エアコンを移設する?新設する?の見極め方

工事見極めイメージ画像

 引越しが決まったら、持っていく家具や家電などを決めたり、 または行った先の現地で調達することを選ぶのか、取捨選択が迫ることがあるかと思います。
 特に単身赴任や進学などの場合は、戻ってくるときのことも考えておかないといけないので、 なかなか難しいこともありますし、エアコンなど工事が必要な家電はなおさら予算を検討しなければいけません。
 ここで少し引越しする際の、エアコンを持って行く(移設工事)か、 新しいエアコンを現地で買って新設するかについてみてみたいと思います。

エアコンの平均寿命

 ほぼすべてのエアコンメーカーが定めているエアコン本体の寿命としては10年です。 それを超えると、部品が老化、消耗してきますが、メーカーからは該当部品の供給はもうありません。 使用環境にもよりますが、耐久性から考えて、機械の誤作動や場合によっては発火の恐れもあるため、 標準寿命は10年とされています。また、保証期間中であるかに関わらず、 修理に出す目安は7年程度と考えていいでしょう。

エアコンの移設工事で発生しやすい費用

 実際取り外したり、取り付けたりしないでずっとついたままのエアコンであれば、 7年以上でも10年以上でも問題なく使えても珍しくありません。 ただ、機械や部品は確実に劣化しているので、そこに移設工事と運送などの負担がかかることで、 再利用できない部品やそれ以上の消耗は必ず出てきます。
 その中でも、エアコンの室内機と室外機をつなぐ配管パイプが交換になりやすいです。 取り付け先との長さの違いや、配管自体の劣化や曲げ癖があるからです。 配管の交換が必要の場合は、3000円(税別)~/m×実寸分メートル数が必要になり、 室内機のすぐ後ろに室外機を設置できる場合は大体3~4メートル使用するため、追加費用としては1万円前後です。

 ほかに、新居にエアコンを持って行く際に発生することのある追加工事は:
・冷媒ガス(R410、R32)のチャージー普段エアコンの効きが衰えていると感じる
・エアコンクリーニングーエアコンの汚れ、臭いが気になる
・電圧の切替(100V、200V)、コンセント交換ー取り付け先の電源がエアコンの電圧と異なる場合

エアコンを移設する?新設する?

 一方、移設せずに新品エアコンを購入し取り付ける場合はどうでしょう。 もちろん現地の条件を確認しない限りは結論は出ませんが、 基本的に設置工事のみで済みます。 家電量販店など「標準工事」という形で本体とセットで販売することが多いので、 価格の比較もしやすいと思います。

 さて、下記を参考にしていただき、後はお財布とご相談ですね。
・新築やこれから長く使う場合は新設
・化粧カバーなどを付けてキレイに仕上げたい場合は新設
・エアコンの寿命が10年に近いか以上の場合は新設
・今のエアコン買って間もない場合は移設
・取り付け先が仮住まいやまた引越ししそうな場合は移設