エアコン工事(取り付けなど)費用の基本的な見積もり方

  1. エアコン取り付け工事TOP >
  2. エアコン工事(取り付けなど)費用の基本的な見積もり方|エレホーム

エアコン工事(取り付けなど)費用の基本的な見積もり方

エアコン工事費用の見積もりイメージ

エアコン工事費用を出すにはまずエアコン工事の種類

  どういったエアコン工事の種類によって、費用の見積もり方が決まってきます。 例えば、単純に取り外したい、引越し先に持って行きたい、新しく買ったので取り付けたい、など様々です。
エアコン工事の種類はこちらを参照ください。
さらに、施工する住所も1か所だけでなく、2か所や3か所ある場合も、またエアコンの台数も2台、3台とあって、 Aの住所から1台外してからBの住所で1台外して2台を取り付けるといった施工の流れになることも多々あります。 一見複雑そうに見えますが、「エアコンの台数」、「どこで」、「何をするか」を整理していけば、 段々と見えてくると思います。

基本的な見積もり方と項目

1、エアコンの容量/機種/型番

  何畳用か、もしくは冷房能力何キロワット(kW)かによって、工事費が変わります。 単純にそのエアコンが小型か大型かというのと、大型の中にも、 使用する配管部材が違う機種(目安6.3kW以上)があります。 もし畳数が分からなければ、型番(機種名)を確認すれば知ることが出来ます。

2、室内機と室外機の位置関係

  こちらは2つの意味で料金が変わる可能性があります。1つは、室内機と室外機の位置関係 (例えば室内機が2階、室外機が1階)によって、必要とする配管などの材料費が膨らむ可能性がある。 もう一つは室外機の特殊設置(屋根置き、天井吊、2段置き、壁面付け)の場合は、 基本工事の枠から外れて、追加費用が発生します。
エアコンの設置位置に関してはこちらを参照ください。

3、取り付け先に配管穴と専用コンセント

  マンションでも一戸建てでも、設置するためには、 配管を通す貫通穴と専用の電源コンセントがセットで必要になります。 また、専用コンセントには100Vと200Vとで電圧とコンセントの形状があり、 取り付けたいエアコンと違う場合は、追加工事・費用になります。

4、その他オプション工事

  その他に、例えば、見た目を重視した配管化粧カバーや隠蔽配管、現地での高所作業、 難工事などの特殊作業といった事前に見積もることが出来ない部分はあります。 新築で複数台エアコンを取り付ける場合や、 特殊工事で金額を確定させたいなどの場合は「現地での見積もり」を依頼したほうがいいかもしれません。
エアコン取り付け費用を安くする方法を紹介しています。

フォームでのお問い合わせはこちらから。